芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

eikuranana.jpg
絢香と同じ轍を踏まないのが末恐ろしい女優

 榮倉奈々と賀来賢人が、交際1年で結婚を発表した。不倫や離婚とネガティブなニュースが多い中、このおめでたいニュースにネット上では祝福の声が飛び交っていたが、業界関係者は榮倉の“知られざる一面”について明かす。

「関係者の間では、『これはいわゆる事務所“突破婚”では?』とささやかれています。現在28歳のため、今結婚すれば近い将来に出産も見えてくる。出産すると役やCMのオファーも狭まってしまうため、周囲は絶対に一度は結婚を考え直すよう説得しているはず。古い考え方かもしれませんが、芸能プロダクションからすれば、交際1年で結婚を許すのは断腸の思いだったのでは」(テレビ局関係者)

 世間では“優等生”イメージの強い榮倉だけに、周囲の説得を振り切って……という姿がなかなか思い浮かばないが、本人に近い関係者たちは、榮倉に対して苦悶の表情を見せることもあったという。

「現場では人当たりがよく、いつも笑顔で誰とでも分け隔てなく接していましたが、事務所スタッフにそれを伝えると『いつもそうならいいんですが……』と漏らしていたこともあったとか。どうも身内に対しては、当たりが強く、コントロールも難しい女優のようで、特に現場に付く若手はいつも疲弊していたそうです」(同)

 また、ネット上では榮倉の“喫煙説”が一時期盛んにうわさされていたが、芸能プロ関係者は「事実だ」と語る。

「さわやかな印象の榮倉ですが、とあるバーの常連で、確かにタバコをガンガン吸っていて、ヘビースモーカーだったそう。しかし、撮影や取材の現場など、スタッフの目があるところではそんな素振りは一切見せなかった。よくいえば、オンとオフがしっかり分けられる、裏表がある女優といってもいいのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 そんな榮倉は、ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)で嵐・松本潤と、また映画『図書館戦争』でV6・岡田准一と共演するなど、ジャニーズ事務所の所属タレントとの共演が多く、ヒット作や話題作に恵まれる機会が多い。

「元SMAPチーフマネジャーの飯島三智氏がジャニーズにいた頃、よく『榮倉は藤島ジュリー景子副社長陣営のお気に入り』と業界内でいわれていました。ただ、飯島氏は自分の抱えるタレントの相手役を指名することが多かったものの、実はジュリーさんはそこまでキャスティングに口を挟んだりはしません。プロデューサーが用意した候補の中から消去法で選ぶ、という形を採っています。榮倉は、男性タレントと浮名を流すようなタイプではないことから、ジャニーズタレントとよからぬウワサが出る心配もないということで、相手役に選ばれる確率が高かったという印象です。身内にとってはトラブルメーカーでも、ちゃっかりしていますね」(制作会社スタッフ)

 業界内では物議を醸している20代での結婚も、世間では悪く捉えられていない様子の榮倉。賀来とともに幸せな家庭を築き、今後も女優として活躍を続けてほしいものだ。

『榮倉奈々写真集「four seasons」』 女優には、若手を疲弊させるくらいでいてほしい amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!