[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」9月号

ぺたんこ靴の着回し企画の設定で、秘技「もしかして妊娠!?」を持って来た「CLASSY.」

classy.1609.jpg
「CLASSY.」2016年9月号(光文社)

 女性ファッション誌でいうところの、いわゆる“夏枯れ期”に突入している、今月の「CLASSY.」(光文社)。特集は「真夏の楽ちんオシャレ決定版! 『デイリーブランド×ぺたんこ靴』」です。ファッション端境期をデイリーブランド特集で乗り切ろうとするのは、最近の「CLASSY.」の常套手段。今号はそこに「ぺたんこ靴」をぶつけてきました。「世の中、うまいだけの話には罠があるものです」と冒頭から煽るリード。「CLASSY.」いわく、安くて着回しが利くデイリーブランドと、楽ちんでしかも今っぽいぺたんこ靴、双方一見いいことずくめだけど考えなしに合わせると危ないからここはひとつプロの意見聞いておけ……とのこと。この鮮やかな誘導、まるで定年退職したお父さんを狙う投資詐欺のよう!!

<トピックス>
◎特集 真夏の楽ちんオシャレ決定版! 「デイリーブランド×ぺたんこ靴」
◎デイリーブランド×ぺたんこ靴で8月の着回しDiary
◎いま、結婚するなら“4低男子”!

■結局「何でもいい」し「どうでもいい」

 デイリーブランド×ぺたんこ靴の正しい組み合わせについて、安心と信頼の「CLASSY.」がその根拠にするのは、もちろん恒例の「男性本音座談会」です。「男子ウケするデイリーブランド×ぺたんこ靴は実在する!」では、「女友達と会う時はデイリーブランド×ぺたんこ靴でいいけれど、デートの時はヒールを履いてきちんとした服を着ないと…」という女子の思い込みを一刀両断。「女のコってデートになると急にヒールやブランド物でキメてくる人が多い気がする」「男が全員ヒール好きっていうわけでもないし。それにデートにいかにも高そうな服を着てくるコってお金がかかりそうだなと思っちゃうかも」とぺたんこ靴に好意的な意見。

 しかし厄介なのはここから。「僕はデートにスニーカーを履いて来られたら嫌かも」という男子いれば「僕は逆にスニーカー大歓迎」という男子もいて、さらに「僕は二人の中間かな。カジュアルすぎもコンサバすぎも苦手というか、清潔感があるちょっとキレイめな格好が好き」というハイブリットめんどくさ男子も登場。しかも最終的に「つまり僕たちの格好や雰囲気に合わせてくれたコーディネートならデイリーブランドでもぺたんこ靴でもOKってことだよね」と、この企画趣旨を完全に覆す「何でもいい」発言が飛び出す始末。「CLASSY.」のキラーコンテンツともいうべき男性本音座談会も、とうとう焼きが回ったか。

妊娠しないとぺたんこ靴履けない、「CLASSY.」読者の闇が露わに……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  15. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  16. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  17. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  18. ムショ飯はうまいのか?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 新春ジャニオタ放談
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!