その他
【ジャニーズ研究会レポート】

オーディションまで……『うたの夏まつり』でKis-My-Ft2宮田の手に「次はJUMP!」を書いたのは誰?

 この夏、歌番組やバラエティの特番などで、共演する機会が増えているKis-My-Ft2とHey!Say!JUMP。平均年齢の低いHey!Say!JUMPが先にデビューしたものの、あとからデビューしたKis-My-Ft2が先にドームツアーを行うなど、グループとしての歩みも個性も異なるため、ライバル意識が強いと見られていた2組だが、共演している姿を見ると実に仲睦まじい。肩を組んだり、遠慮なくツッコミ合ったりと、まるで男子校のようなノリが見られるのだ。

 先日放送された『FNSうたの夏まつり2016』(フジテレビ系)では、先にパフォーマンスをしたKis-My-Ft2宮田俊哉が手のひらに書いた“次はJUMP!”の文字をカメラにアピールし、続くHey!Say!JUMPに出番をつないだ。この演出は誰のアイデアだったのか。そして、文字を書いた人は? 8月3日深夜放送のラジオ番組『キスマイRadio』(文化放送)では、そんなファンからの質問に千賀健永と玉森裕太のコンビが答えた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク