その他
【ジャニーズ研究会レポート】

TBS系五輪キャスターを務めるSMAP中居正広、リオには行かず東京から中継か!?

 TBS系で放送される『リオオリンピック2016』のメインキャスターを務めるSMAP中居正広。解散騒動の影響もあり、ファンは今年のキャスター就任を不安視していたが、無事に7大会連続の起用となった。中居は14年冬季のソチオリンピックの際も現地で取材を行っていたため、現地入りするかに注目が集まっているが、今回は東京のスタジオで番組に参加する可能性が高まっているという。

 野球やスポーツ好きで知られる中居は、2004年のアテネオリンピックから夏季・冬季を通じてTBSのオリンピック番組を担当。7月上旬に中居の登板が発表された際には、同局の板倉孝一プロデューサーが「スポーツに対する造詣と愛情、アスリートに対する敬意と優しさ……すべてにおいて中居さんは“日本一のオリンピックメインキャスター”です」と称賛していた。

 そんな中居自身は8月3日発売の「週刊ザテレビジョン」(KADOKAWA)で、「キャスターの僕の役割は、初めて競技や選手に触れる方でも観戦を楽しめるように分かりやすく紹介しながら進行すること。主役はあくまでもアスリートの皆さんで、僕はその頑張りを伝えるアシスタントなんです」などと、キャスターとしての心構えを語っていた。注目競技は「女子マラソン」と「競泳男子」を挙げ、初めて伝えるという「ゴルフ」については「ゴルフって試合時間が長いじゃないですか。ずっと生で見ることはできないし、楽しみなんですけど、どうすりゃいいのかな?って(笑)。立ち位置を模索中です(笑)」と、ベテランの中居でも今大会には不安もあることをのぞかせていた。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク