【うわさの会見場から】

三代目JSB・登坂広臣、熱愛報道に“圧力”! LDHのやり口に「まるでAKB」と記者苦言

VERSACE GINZA opening party #VERSACE #銀座

登坂広臣さん(@3jsb_hiroomi_tosaka)が投稿した写真 -

登坂広臣インスタグラムより

 三代目J Soul Brothersの登坂広臣が4日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲で行われた映画『High&LOW YHE MOVIE』の大ヒット御礼舞台挨拶に出席した。登坂は同日発売の「女性セブン」(小学館)でタレントのローラとの熱愛が報じられたばかりとあって、会場ではさまざまな“異変”が発生していたという。

 2人は4年前、バラエティ番組の共演をきっかけに知り合い、昨年末頃から交際に発展。ツーショット写真こそ掲載されていないものの、ローラが登坂の住むマンションに足しげく通う様子が報じられた。そのため、舞台挨拶では登坂の発言に注目が集まっていたが、一切言及することはなかった。それどころか、大勢集まっていた報道陣も登坂への取材に消極的だったという。

「各スポーツ紙とテレビ局は、登坂の所属事務所LDHからこの件を報じることを止められていました。これは、自分たちの都合が悪い報道には裏で圧力をかけるという、ジャニーズ事務所やAKB48グループと同じやり方。記者からは、『CDの特典商法のみならず、スキャンダル対応までAKBをマネるとは……』と呆れた声が出ていました。2人には、AKBのような恋愛禁止の決まりはないものの、登坂は三代目の中でも絶大な人気を誇るメンバー。ファン離れも懸念される熱愛報道は、徹底して無視を貫きたいスタンスなのでしょう。AKBの柏木由紀がNEWSの手越祐也との熱愛報道が出た後、一切言及せずに“なかったこと”にしたまま現在まで至りますが、登坂も同じ道をたどることになるのでは」(週刊誌記者)

 言い換えれば、今回の報道によって、LDHがいつの間にやらマスコミに圧力をかけるほど、芸能界で強い影響力を持つ存在になっていたことが、明らかになった。

「通常であれば、フォトセッションや退場のタイミングで、記者がタレントに声をかけるのですが、今回はLDH関係者が目を光らせていたため、みんな消極的でした。某テレビディレクターの1人が一応、登坂が降壇する間際に形だけの声掛けを行いましたが、それも登坂に届かないことを前提とした小声。もちろんファンの歓声とBGMにかき消され、登坂は反応しないまま退場しました」(同)

 ネット上には、登坂ファンからの「自分の口で説明してほしい」といった意見が多くみられるが、今後はどう対応していくのだろうか?

スクラッチ抽選券アーティストとしてこれからも輝いて

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!