いくらなんでも早すぎた連ドラ主演

SKE48・松井珠理奈主演『死幣』が0%台目前! 「ローカルタレントのイメージ」拭えず?

sihei.jpg
『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)公式サイトより

 SKE48・松井珠理奈が初めて連ドラで主演を務めているTBS系「テッペン!水ドラ!!」枠の『死幣-DEATH CASH-』(水曜深夜0時10分~)の視聴率が伸び悩んでいる。

 初回こそ2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、その後、第2話は1.6%、第3話は1.7%と低空飛行を続け、第4話(8月3日放送)では、1.2%まで落ち込んだ。このままでは、悪夢ともいえる0%台に転落する可能性も出てきた。

 昨年10月期にスタートした同枠ドラマの視聴率は、これまでおおむね2%台で推移。4月期の『毒島ゆり子のせきらら日記』(前田敦子主演)も2%台が多かったが、3%台を2度記録するなど、それなりに健闘した。数字は高くはなかったが、元トップアイドルの前田が濃厚なラブシーンや下着姿を披露するなどの体当たり演技が、大きな話題を振りまいた。かたや、『死弊』は1%台という低視聴率もさることながら、特に話題性もない状況だ。

 松井は2008年10月より、SKE48メンバーとして活動開始。12年3月~15年12月までAKB48チームKを兼任。「AKB48選抜総選挙」では毎年上位に食い込み、今年は自己最高の3位まで順位を上げるなど、押しも押されもせぬSKE48のエースだ。

 ただ、それだけでドラマの視聴率が取れるほど、甘くはないのだろう。松井がこれまで、『マジすか学園』シリーズ(テレビ東京/日本テレビ系)などのAKB系ドラマ以外で、連ドラに出演したのは、4月期の『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)が初めてで、主人公・橘みやび(中谷美紀)の高校時代役のみである。

 女優としての松井は、世間の認知度が低く、全国区的にみると名古屋ローカルのタレントとのイメージは拭えないのかもしれない。TBSも深夜枠とあって、実験的に松井を主演で起用したと思われるが、もう少し女優としての下地が必要であり、いきなりの連ドラ主演は、いささか時期尚早といわれても仕方あるまい。

 とはいえ、吉岡里帆、川栄李奈、清原果耶らの脇役陣も奮闘しており、ここから先の巻き返しに期待したいものだ。
(森田英雄)

大物に好かれれば好かれるほどアンチが増えてゆく

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. アンチ急増中miwaの業界評
  2. 芸能人衝撃のマタニティフォト集
  3. 小嶋陽菜、乃木坂に激怒のワケ
  4. 『冬ソナ』女優の顔が整形で激変
  5. 不幸が続く山口智充の不運
  6. 松田龍平妻の不倫相手探しが激化!
  7. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  8. マスコミ騒然となった「GACKTへの質問」
  9. 幸福の科学“守護霊”の語る言葉
  10. 30代以上のプチプラコスメはアリナシ?
  11. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  12. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  13. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  14. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  15. 黒木瞳が視聴者をイラつかせる理由
  16. 小嶋陽菜、卒業コン規模に見る人気低下
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 松田龍平、離婚報道で母が異例の対応
  19. のどちんこに勃起するLLサイズの巨根男
  20. KANA-BOON・飯田が伝える真実

ジャニーズの人気記事

  1. NEWS・小山、交際女性が発覚か
  2. 実力Jr.仲田拡輝、退所か
  3. ジャニーズ人気Jr.が3人退所
  4. 今井翼、中居マネジャーについて言及
  5. 評判のいいJr.と悪いJr.を調査

カルチャーの人気記事

  1. 「Domani」結婚企画、誰も結婚できなそう
  2. 「いい病院」特集に、主治医との恋バナ!?
  3. 義母の金を搾取しまくり介護は拒否!! 義姉さん、あなた人間の心持ってますかぁー?
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ブリトニーの非公認自伝映画が炎上中
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. C・ブラウン、ボクシング対決を放棄
  4. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  5. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ