いくらなんでも早すぎた連ドラ主演

SKE48・松井珠理奈主演『死幣』が0%台目前! 「ローカルタレントのイメージ」拭えず?

sihei.jpg
『死幣-DEATH CASH-』(TBS系)公式サイトより

 SKE48・松井珠理奈が初めて連ドラで主演を務めているTBS系「テッペン!水ドラ!!」枠の『死幣-DEATH CASH-』(水曜深夜0時10分~)の視聴率が伸び悩んでいる。

 初回こそ2.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったが、その後、第2話は1.6%、第3話は1.7%と低空飛行を続け、第4話(8月3日放送)では、1.2%まで落ち込んだ。このままでは、悪夢ともいえる0%台に転落する可能性も出てきた。

 昨年10月期にスタートした同枠ドラマの視聴率は、これまでおおむね2%台で推移。4月期の『毒島ゆり子のせきらら日記』(前田敦子主演)も2%台が多かったが、3%台を2度記録するなど、それなりに健闘した。数字は高くはなかったが、元トップアイドルの前田が濃厚なラブシーンや下着姿を披露するなどの体当たり演技が、大きな話題を振りまいた。かたや、『死弊』は1%台という低視聴率もさることながら、特に話題性もない状況だ。

 松井は2008年10月より、SKE48メンバーとして活動開始。12年3月~15年12月までAKB48チームKを兼任。「AKB48選抜総選挙」では毎年上位に食い込み、今年は自己最高の3位まで順位を上げるなど、押しも押されもせぬSKE48のエースだ。

 ただ、それだけでドラマの視聴率が取れるほど、甘くはないのだろう。松井がこれまで、『マジすか学園』シリーズ(テレビ東京/日本テレビ系)などのAKB系ドラマ以外で、連ドラに出演したのは、4月期の『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(TBS系)が初めてで、主人公・橘みやび(中谷美紀)の高校時代役のみである。

 女優としての松井は、世間の認知度が低く、全国区的にみると名古屋ローカルのタレントとのイメージは拭えないのかもしれない。TBSも深夜枠とあって、実験的に松井を主演で起用したと思われるが、もう少し女優としての下地が必要であり、いきなりの連ドラ主演は、いささか時期尚早といわれても仕方あるまい。

 とはいえ、吉岡里帆、川栄李奈、清原果耶らの脇役陣も奮闘しており、ここから先の巻き返しに期待したいものだ。
(森田英雄)

大物に好かれれば好かれるほどアンチが増えてゆく

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  9. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  16. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  17. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!