[ジャニーズ・メディアの裏側]

SMAP・香取慎吾『おじゃMAP!!』打ち切りへ!? 最大の原因は「芸能活動への失望」?

singochan_orange.jpg
「弱くはないです」と飯島さんは言ってたよ!!

 一部で報じられた“香取の乱”の影響により、またしてもSMAP分裂・解散危機に注目が集まっている。一度は沈静化したように見えた一連の騒動だが、香取慎吾は他メンバーや飯島三智元チーフマネジャーを“裏切った”木村拓哉が許せず、25周年のコンサートを行える状況ではないと主張したそうだ。そんな中、4年以上メインで出演を続けてきた『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)の打ち切りが決定してしまったという。

「一部週刊誌で、SMAPはジャニー喜多川社長自らの説得で解散こそ免れたものの、メンバー間の溝は手がつけられないほどに大きくなってしまったと伝えられています。中でも、最も飯島さんを慕っていた香取は、グループどころか芸能活動にさえ希望を見いだせず、周囲に引退までほのめかすようになってしまっているそうです」(週刊誌記者)


 香取は今年1月期の主演ドラマ『家族ノカタチ』(TBS系)の打ち上げで、「明日どうなるかわかりません。もしかしたら自殺しているかもしれない」と衝撃の発言をしていたとも報じられている。

「グループの存続が注目されていた、9月末のジャニーズ事務所との契約更新こそクリアしたものの、依然としてメンバー間のわだかまりは解消されていないと、業界内でもささやかれています。香取のモチベーション低下は相当なもののようで、関係者の間でも心配の声は尽きません。そんな中、『おじゃMAP!!』のスタッフチームが近々解体されるという話が漏れ伝わってくるようになりました」(テレビ局関係者)

 2012年にスタートした『おじゃMAP!!』は、一時期視聴率20%超えを果たすなど、フジの看板番組に成長。ところが近年、局自体が低調という影響もあってか、キー局中では同時間帯最下位が定位置に。7月13日の2時間SPも、7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

「打ち切りの原因を探ると、どうやら視聴率以前に、香取本人のやる気の問題が影響していることがわかりました。視聴率の好転は絶望的で、かつやる気のない座長の元で番組を続けるのは局やファンにとっても得策ではないと、上層部が判断したようです。香取には、『SMAP×SMAP』(同)、また『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)など、ほかのレギュラーこそあるものの、これらに関しても同じ道をたどることになる可能性は十二分にあります」(同)

 グループの存続こそ首の皮一枚でつながったものの、今後もSMAPをめぐる分裂や解散の危機が途絶えることはなさそうだ。果たして“香取の乱”はいかにして決着するのか――?

もうジャニーさんの言葉も届かないの……?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  8. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  13. キャラ変え好調の乙武洋匡
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  18. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  19. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  20. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決