阿佐ヶ谷姉妹、よかったよ

『せいせいするほど、愛してる』6.9%の苦境! 中村蒼の“エセ関西弁”に視聴者イライラ!?

0803_seiseisuru4_1.jpg
『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)公式サイトより

 2日、武井咲と滝沢秀明共演の『せいせいするほど、愛してる』(TBS系)の第4話が放送された。同ドラマの目玉となっている滝沢のエアギターシーン、またバラエティに富んだゲストが登場するなど、話題になりそうな要素が詰め込まれていたものの、平均視聴率は6.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)と低迷が続いている。

 第4話は、ティファニー・ジャパン広報部の栗原未亜(武井)と同社副社長の三好海里(滝沢秀明)の不倫関係に、中村蒼演じる宮沢綾が絡み、三角関係が浮き彫りになる回だった。未亜は、クリスマスジュエリーのキャンペーンを行うことになり、気難しいベストセラー作家・hiro(LiLiCo)に協力を依頼する。ライバル会社・ジミーチュウの広報部長代理・宮沢がhiroとの交渉に手を貸してくれることになるが、宮沢は交換条件として「夏祭りデートをする」ことを未亜に提示。さらにその後、宮沢が海里に向かって、未亜をジミーチュウに引き抜くと宣戦布告……といった内容だった。

「ストーリー自体は盛り上がっているのですが、内容以前に、中村の演技が酷評されています。中村演じる宮沢は関西人なのですが、『関西弁が、いくらなんでもヘタすぎる!』と批判されているんです。中村は福岡出身なので致し方ないかもしれませんが、ネット上では『関西弁がヘタすぎて、見てて恥ずかしくなってくるわ』『そもそも関西弁である必要ない』『エセ関西弁のせいで、内容がまったく入ってこない』『最初から関西の俳優使えばよかったのにね』といった声が上がっています」(芸能ライター)

 また、第4話には、一部で熱望されていたエアギターシーンが登場。タンクトップ姿で一心不乱にエアギターを披露する滝沢の姿は「相変わらず狂ってる!」「エアでギター壊してる」と大きな反響を呼んだ。とはいえ、このシーンもすでに3度目になるため「そろそろ飽きた……」という反応も上がっていた。

「ほかにも今回は、阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子やタレントのLiLiCoがゲスト出演したり、夏祭りシーンの会場が、デザイナー・丸山敬太プロデュースの『ISETAN×KEITA MARUYAMA おしゃれ盆踊り』だったりと、話題性のある要素が盛り込まれていました。ですが、そうした仕掛けは、視聴率にはまったくつながらなかったようで、前回の6.7%からほとんど変わらない6.9%という厳しい数字に。連ドラは、視聴率5%台が打ち切りラインといわれているので、6%台は死守してほしいところです」(同)

 ネット上での話題性はピカイチの『せいせいするほど、愛してる』だが、内容でも視聴者を惹きつけてくれることを期待したい。

あのエアギターはジャニーさんに新たな発想を抱かせるはず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク