サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』花山と断絶の常子、ネットは「バカすぎ」「子どもすぎ」の大合唱

ark160719.jpg
『連続テレビ小説 とと姉ちゃん 完全版 ブルーレイBOX1』/NHKエンタープライズ

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■7月30日(土)/102話~8月2日(火)/104話
 101話で常子が編集長の花山伊佐次(唐沢寿明)に黙って「あなたの暮らし」に広告掲載を決めていたが、102話ではいよいよその発刊日を迎えた。17週のサブタイトル「常子、花山と断絶する」を回収するように、花山は「1ページの広告記事でも金のために魂を売るなら出すべきではない」と、あなたの暮らし出版社を去っていく。ネット上では、「花山の言う理想は大切だけど、常子たちのお金がないと雑誌が作れないという現実もわかる」と、双方に同情的な意見がある一方、「お金が必要なのはわかるけど、だまし討ちはひどい裏切り」「安い事務所に引っ越すとか、ほかに方法があるんじゃないの?」と疑問の声も多数。花山が会社を出て行ったときの3姉妹の様子に、「この結果が意外そうな常子、バカすぎ」「勝手な正義感で責める美子(三女/杉咲花)、子どもすぎ」「『謝ることない』と言った鞠子(次女/相楽樹)、ダークすぎ」と、小橋家に非難が集中した。

 18週目に入った103話では、花山なしで次号の制作を開始する。美子が提案した(実は花山の考案)「小麦粉を使った料理」企画のために頼ったのは、昔、小橋家が世話になった森田屋の主人・宗吉(ピエール瀧)と妻の照代(平岩紙)。「『衣』のために女学生時代の親友、『住』のために恩師、『食』のために岩田屋が登場って、ご都合主義すぎない?」「お世話になった人を利用しまくる常子が不愉快」などと、ここでも脚本や主人公の人物像に、視聴者の不快感が爆発した。半面、「森田屋さんの再登場うれしい」「照代の目が笑ってない笑顔、やっぱり最高」と、喜びの声も上がった。

 104話では、広告主である料理教室の社長から難題をもちかけられた常子たち。この展開に、「花山さん、早く帰ってきて」「どうせまた、視聴者が共感できない流れで戻るんでしょう」と、視聴者の期待と皮肉のコメントが飛び交うこととなった。この危機をどう乗り越えるのか? 花山は会社に戻るのか? 次回からの展開が注目されている。

でも金って裏切らないものだよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!