[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

「ラブセンなしに生きられない」V6、人気恋愛ゲームが突如“終了”で悲痛な声あふれる

miyakenkurukuru.jpg
なぜかサイゾーの会社近くで遭遇率が高い健ちゃん

 V6メンバーの撮り下ろし写真を使用した恋愛ソーシャルゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」。2013年秋にアプリで配信されて以来2年以上も、多くのプレイヤーに愛されてきたが、10月21日をもってサービス終了となることが明らかになり、ファンは悲しみに包まれている。

 GREEにて配信されている「ラブセン」は、広告代理店で働くOLの主人公がV6メンバーと“ヒミツの恋”を育むという実写恋愛ゲーム。アプリ内では課金場面も出てくるが、基本的には無料で楽しむことができる。

 昨年11月23日に放送されたラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bayfm78)で三宅は、自身も実際に同ゲームをプレイしていることを明かし、ファンは騒然。ゲーム内では“恋のお相手”として、メンバー6人の中から1人を選ぶため、三宅は「剛健コンビ」の森田剛を選択したという。「そこは、やっぱファンの人は望むんだろうなと思ったんで、一択でその人(森田)にしましたけど」と、ファンの気持ちをくんでお相手を決めたと告白。その後も「みなさん、寂しい夜は『ラブセン』で会いましょう」「なかなか忙しくてお互い会えないけど、でも『ラブセン』で俺たちつながってるから」と、ファンに呼びかけていたのだった。

 このようにメンバーとの関わりも深かった「ラブセン」だが、全サービスの終了を7月29日に発表。運営スタッフが利用者へ向けて「本来はリリースから1年をもって終了を予定しておりましたが、お客様からご好評を頂いたことで、3年という長期間にわたって運営を継続することができました」と説明し、お礼のメッセージを掲載した。

「この突然の告知を受け、ファンからは『ラブセン終わっちゃうの? 彼氏に別れを切り出された気分……』『終了ってショックすぎる』『ラブセンなしに生きるのが考えられない』と、悲しみの声が続出。また、サービス終了が発表された後、GREEの株価が下落しているとファンの間では話題になりました。株価に影響を与えたかどうかは不明ですが、当初は1年の予定だったところが3年も続いたということは、それだけV6ファンからの反響が大きかったのでしょう」(ジャニーズに詳しい記者)

 一方、ファンと同じように「ラブセン」をプレイしていた三宅は、31日に更新したジャニーズ公式サイト・Johnny’s webの連載「にこにこ健゜」で、ショックを受けているファンに寄り添うかのように「本当に長らくご愛顧頂きありがとうございました」と切り出した。「みんなに僕たちを身近に感じてもらえなくなってしまうのは淋しいですが」と前置きしつつ、また“新たな出会い”があることを願っているとつづった。

 昨年行われたV6の20周年記念ツアーのタイトルは『ラブセン presents V6 LIVE TOUR 2015 ‐SINCE1995~FOREVER‐』、今年6月に発売されたシングル「Beautiful World」には「ラブセン」のCMソング「by your side」が収録されるなど、ただのゲームを超えてグループとファンの関係を結んできた「ラブセン」。13年度、14年度の「GREE Platform Award」で恋愛シミュレーション部門の最優秀賞を受賞し、15年度は総合大賞に輝くほどの偉業を成し遂げたアプリだけに、今度は別の形でV6ファンが楽しめるサービスの提供に期待したい。

「博くん」じゃなくて「ヒロシ」って最後に呼ばせて……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク