あれから10年……

『めちゃイケ』山本圭壱復活回“11.9%”にネット呆然! 「切り札なのに低すぎ」「これが限界」

1608_yamamoto_1.jpg
パープルのカバンがやたらと目立ってた

 7月30日に放送された『めちゃ×2イケてるッ! 夏休み宿題スペシャル』(フジテレビ系)で、極楽とんぼの山本圭壱が約10年ぶりに番組に登場した。淫行騒動で姿を消した山本の再登場は話題を集め、平均視聴率11.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録したものの、「切り札出した割には低すぎない?」といった声が噴出している。

 番組では、山本と番組メンバーが10年ぶりに再会する様子が放送された。山本が笑顔で挨拶をしながら登場すると、ナインティナインの2人が違和感を表明して、番組は微妙な雰囲気に。しかし岡村隆史から反省や謝罪の気持ちが伝わらないと説教された山本は、あらためて反省の態度を見せ、淫行騒動に関しても「申し訳ございませんでした」と土下座をして謝罪。さらに山本はその後、相方の加藤浩次と共に、自分を支えてくれた後輩たちや謝罪の機会を作ってくれたスタッフたち、視聴者にも頭を下げた。そして番組の最後には、加藤から「ライブからやろう」「一から地道にやろう、そこからまた考えよう」と、全国を懺悔して回るライブツアーを持ちかけられていた。

「山本が涙ながらに謝罪したり、共演者たちが感情をあらわに説教するシーンに心を動かされた視聴者からは『思わず泣いてしまった……』『加藤が本気で山本に説教してるのが泣ける』といった声が上がりました。しかしその一方、冷めた反応も多く『フジテレビは、視聴者チョロイと思ってるだろうな』『これで芸能界復帰は甘すぎる』など、否定的な声も少なくなかったです」(芸能ライター)

 賛否両論を巻き起こしたその日の放送は、第1部(午後6時30分~7時)の視聴率が7.8%、第2部(午後7時~9時)の視聴率が11.9%を記録。これは1月9日に放送された『めちゃイケ20周年の今年はサルの年とさせていただきますSP』と同じ数字で、同番組の今年最高タイとなる数字だった。

「山本復活回の前までは、3週連続5%台だったため、2倍の視聴率を稼いだことにはなりますが、ネット上では、『話題性のわりに視聴率が低すぎる』と言われています。山本が10年ぶりに登場するという“切り札”を使っても、今年の最高視聴率を超えられていないのは、確かに物足りない。かつて視聴率2ケタはもちろん、20%超えも珍しくなかった同番組の現状には『さすがに低すぎて引いてる』『これが今のめちゃイケの限界』『今年最高が11.9%って時点で終わってる』『やっぱり打ち切りかもね』という呆然とした声が相次いでいます」(同)

 山本という“切り札”が、視聴率的に不発に終わった『めちゃイケ』。今後さらに視聴率が低迷しなければよいのだが……。

ココリコ遠藤のウソ泣き顔がハイライト

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー