[連載]悪女の履歴書

17歳年下恋人と交際の果て――46歳の旧華族令嬢が殺めた、「日商岩井社員射殺事件」

世間を戦慄させた殺人事件の犯人は女だった――。日々を平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。彼女たちを人を殺めるに駆り立てたものは何か。自己愛、嫉妬、劣等感――女の心を呪縛する闇をあぶり出す。

obi-1.jpg

[第28回]
日商岩井社員射殺事件

 東京都港区元麻布のとある高級マンション。紫色の絨毯が敷かれ高級家具が置かれたその一室、1人の女性が住んでいた。46歳の宮坂小路久美子(仮名)だ。

 久美子は赤坂と日本橋で商社マン相手の雀荘を経営している。会員制のその高級雀荘は、周囲のエリートサラリーマンたちの接待に使われることも多く、賑わいを見せていた。それは“ママ”である久美子の存在も大きかった。久美子は華やかで色気漂う美貌の持ち主だが、その社交性も抜群だったという。その上、狩猟という優雅な趣味を持ち、活発で46歳という実年齢よりはるかに若く見えた。久美子は若い頃一度結婚したものの、幼い子ども2人を置いて離婚していた。そんな境遇の“雀荘のママ”は、男たちの興味を惹き付けずにいられなかった。

 久美子には16歳年下の恋人がいた。だがこの恋人の存在こそが、後に久美子を猟銃による殺人事件の主役にしてしまうことになる。

◎猟銃で恋人の同僚を殺害、自身も自殺を図る
 昭和48年(1973年)12月22日の深夜2時、久美子のマンションに2人の男性が訪れた。久美子の恋人で日商岩井につとめる佐藤幹人(仮名29歳)と、その先輩社員の吉田慎太郎(仮名34歳)。幹人は慎太郎と仕事帰りに酒を飲み、久美子との関係を愚痴った。当時、幹人には別の女性との結婚話が浮上していた。親分肌で面倒見が良いという評判の慎太郎は、「ではこれから彼女のマンションに行こう。俺が別れ話をまとめてやる」と、強引に幹人を連れて、深夜に久美子のマンションを訪れた。慎太郎も久美子の雀荘に行ったことがあり、顔見知りだった気安さもあったのだろう。

 話し合いは深夜5時頃まで続いた。慎太郎はブランデーのナポレオンを何杯も飲みながら、久美子に幹人との別れを迫った。いや、それは別れ話というより、久美子への女性蔑視ともいえる説教、今でいうならセクハラのようなものだった。

ここで男が嘲笑ったのは女という生き物全員よ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー