[連載]悪女の履歴書

17歳年下恋人と交際の果て――46歳の旧華族令嬢が殺めた、「日商岩井社員射殺事件」

世間を戦慄させた殺人事件の犯人は女だった――。日々を平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。彼女たちを人を殺めるに駆り立てたものは何か。自己愛、嫉妬、劣等感――女の心を呪縛する闇をあぶり出す。

obi-1.jpg

[第28回]
日商岩井社員射殺事件

 東京都港区元麻布のとある高級マンション。紫色の絨毯が敷かれ高級家具が置かれたその一室、1人の女性が住んでいた。46歳の宮坂小路久美子(仮名)だ。

 久美子は赤坂と日本橋で商社マン相手の雀荘を経営している。会員制のその高級雀荘は、周囲のエリートサラリーマンたちの接待に使われることも多く、賑わいを見せていた。それは“ママ”である久美子の存在も大きかった。久美子は華やかで色気漂う美貌の持ち主だが、その社交性も抜群だったという。その上、狩猟という優雅な趣味を持ち、活発で46歳という実年齢よりはるかに若く見えた。久美子は若い頃一度結婚したものの、幼い子ども2人を置いて離婚していた。そんな境遇の“雀荘のママ”は、男たちの興味を惹き付けずにいられなかった。

 久美子には16歳年下の恋人がいた。だがこの恋人の存在こそが、後に久美子を猟銃による殺人事件の主役にしてしまうことになる。

◎猟銃で恋人の同僚を殺害、自身も自殺を図る
 昭和48年(1973年)12月22日の深夜2時、久美子のマンションに2人の男性が訪れた。久美子の恋人で日商岩井につとめる佐藤幹人(仮名29歳)と、その先輩社員の吉田慎太郎(仮名34歳)。幹人は慎太郎と仕事帰りに酒を飲み、久美子との関係を愚痴った。当時、幹人には別の女性との結婚話が浮上していた。親分肌で面倒見が良いという評判の慎太郎は、「ではこれから彼女のマンションに行こう。俺が別れ話をまとめてやる」と、強引に幹人を連れて、深夜に久美子のマンションを訪れた。慎太郎も久美子の雀荘に行ったことがあり、顔見知りだった気安さもあったのだろう。

 話し合いは深夜5時頃まで続いた。慎太郎はブランデーのナポレオンを何杯も飲みながら、久美子に幹人との別れを迫った。いや、それは別れ話というより、久美子への女性蔑視ともいえる説教、今でいうならセクハラのようなものだった。

ここで男が嘲笑ったのは女という生き物全員よ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. 『べっぴんさん』視聴者人気最低キャラは
  3. 結婚ハイで好感度大暴落のタレント
  4. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  5. 有名犯罪者は、塀の中では“芸能人”!
  6. 月9キスハグシーン連発が嘲笑の的に
  7. 指原莉乃、白石麻衣に嫉妬むき出し!?
  8. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  9. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  10. 清水富美加の年収1500万円報道で、「レプロは偉い」と担ぎ続ける“芸能ムラ”
  11. 浅野忠信だけ空気感が違うナゾ
  12. 清水富美加、不倫報道はレプロリーク!?
  13. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  14. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道
  15. 『めちゃイケ』ジャニーズにモザイクの怪
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『まいジャニ』で盛大にドヤる永瀬廉
  18. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  19. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  20. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇

ジャニーズの人気記事

  1. Jr.・京本、口淫・本番強要報道!
  2. ジャニーズの夜の顔をエステ嬢が暴露
  3. KinKi・光一の「口淫」報道にファン呆然
  4. 突然の「亀と山P」結成の舞台裏
  5. Jr.森田、妊娠中絶・飲酒報道

カルチャーの人気記事

  1. 年金ドロボーの守銭奴! 義母の生活費10万円にたかりまくる義姉にブチ切れ寸前
  2. 瓜田が『ハイロー』『おそ松』を斬る
  3. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて

海外ゴシップの人気記事

  1. ベン・アフレック夫妻、やっぱり離婚へ
  2. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  3. 男性セレブのジューシー半裸写真集
  4. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  5. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も