【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

“小顔矯正”はウソ!?  Dr.高須幹弥が「CTで証明できない」「骨盤矯正も同じ」と警鐘

takasusensei_prf_201605.jpg
小顔矯正について、本当のところを教えてください!

【第19回】「高須幹弥センセイ、頭蓋骨矯正は“根拠なし”って本当なの?」
頭蓋骨の骨のつなぎ目の隙間を詰めて、骨格から顔を小さくするという“小顔矯正”。芸能人もこぞって通い、ブログなどで報告していることから、若い女性の間でも大人気に。しかし去る6月30日、頭蓋骨の矯正で小顔になり、効果が持続するかのような広告を掲載した9業者に対して「根拠がない」と、消費者庁が再発防止などを求める措置命令を行ったことが明らかに! 一度の施術で小顔になれて、半永久的にその状態のままという一見夢のような施術なのに……高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、“小顔矯正”はあり得ないんですか?

■小顔矯正はむくみ解消マッサージ!?
 頭蓋骨はいくつもの骨がつなぎ合わさっていますが、隙間があるのは赤ちゃんのうちだけ。大人の頭蓋骨に隙間はありません。それに、骨は手で押したくらいで動かないです。なので、“小顔矯正”が「骨のゆがみや開きを手で動かして小顔にする」というのは真っ赤なウソ。「実証」として、どれだけ顔が小さくなったか計測値を提示しているところもありますが、どれもむくみや脂肪が落ちれば簡単に数値が変わる顔の表面の話でしょう。もし本当に骨を動かして小顔にしているのなら、ミリ単位で骨の計測ができるCTやレントゲンで証明すればいいのに、施術者がそれをしないのは、効果がないのをわかっているからだと思います。小顔矯正の施術をする人はほとんどが整体師で、国家資格ではない民間の資格保持者。中には何の資格も持たず整体師を名乗っている人も存在していますからね。

 それでも実際に「小顔になった」という人が多いのは、むくみがとれているからなんです。人間の体内の水分は重力や圧力で簡単に移動しますから、施術を受ければ一時的に顔のむくみがとれて小顔になります。それを骨の矯正のおかげと錯覚しているんですよね。時間がたてば元に戻りますから、数時間の小顔を楽しむために大金をドブに捨てているようなものなんですよ。

 ただ「持続性がある」と謳っているので、当然「効果がない」とか「戻った」というクレームが来ることもあると思います。でも、最悪返金すれば済む問題。美容整形のようにメスを入れたり注射を打ったりといった施術ではないので、後遺症が残ることや裁判に発展することもなく、表立って公表されることもありません。そんなノーリスクノーリターンの施術なので長続きしているんだと思います。

なぜそんな簡単なこと気づけなかったのと、ふと我に返ったわ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー