映画『花芯』監督インタビュー

「『わからない』という男は女が怖いのかも」瀬戸内寂聴『花芯』、園子という女性像

kasin-main.jpg
(C)2016「花芯」製作委員会

 映画『花芯』は、瀬戸内寂聴氏の同名小説(講談社文庫)を映像化した作品。寂聴氏が瀬戸内晴美時代に発表した小説で、文中に「子宮」という言葉が多く出てくるため、批評家から「子宮作家」「エロ作家」と呼ばれ、しばらく文芸雑誌から干されるきっかけとなった小説です。

 昭和20年代、親が決めた許婚・雨宮と結ばれつつ、その上司の男・越智に心を奪われ、言い寄る男を受け入れて……と、結婚という制度を受容しながらも“心は自由”とばかりに心と体を開いていくヒロイン・園子。この物語を映画化したのが安藤尋監督。リスキーで深い情念に左右される恋愛をこれまでも描いてきた安藤監督に、男と女の恋愛観の違い、ヒロインの園子の生き方についてなど、語っていただきました。

――安藤監督は、『blue』(2003)で女子高生の同性愛、嵐の松本潤主演作『僕は妹に恋をする』(07)で兄と妹の恋など、比較的マイノリティたちのリスキーな恋愛を描いてきたイメージがあります。今作の映画化は、どのように向かいましたか?

安藤尋氏(以下、安藤) この映画は「瀬戸内寂聴さんの原作で映画を作りませんか?」と依頼をいただいたことがきっかけです。原作の『花芯』を読んだところ、難しいとは思いましたが「これは自分にとって勝負できる映画になりそうだ」と思い、監督することに決めました。決め手というか、僕にとって映画化のキーとなったのは、愛と恋との違いですね。

――監督が、理解されづらい恋愛観を持ったヒロインの映画を手掛けることが多いのはなぜでしょう?

安藤 僕が監督した映画のうち、自分が望んで映画化した企画は『blue』で、ほかは依頼を受けての仕事なんですよ。ただ、僕は原作を一筋縄ではいかない、リスクを背負った恋愛に引っ張っていく傾向があるようで、だからそうした作品の依頼が多いのかもしれません。ホラー映画で大ヒット作を出したら、次々とホラーの映画の依頼ばかり来るのと同じことです(笑)。

――監督がおっしゃった、「愛と恋との違い」というのは、園子と彼女をとりまく男性との関係ですね。どういう違いがあるのだと思いますか?

安藤 愛していくことは、自分のかわいい犬を永遠に愛し続けるのと一緒で、「家族愛」など大きな意味での愛です。でも恋というのは何度もできない。その相手には一度きりの恋だし、とても衝動的な感情です。園子は恋に生きる女というか、愛を拒否していく女で、恋を1つの価値として生きる女――そう思ったら、自分なりに映画が見えてきたんです。その考えを映し出していったら、1つのテーマになるであろうと。夫の上司・越智との恋愛の行方も、クライマックスにつながるエピソードとして使えると思いました。

女を「怖い」という男には用はなくってよ

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  10. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  18. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  19. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと