【うわさの会見場から】

YOSHIKI、加山雄三ら、会見で「ポケモンGO」人気便乗! 一方で墓穴を掘ったあのタレント

masuwaka0729.jpg
逆に話題作りじゃなかったことにビックリ

 7月22日に日本での配信がスタートしたスマートフォンゲーム「ポケモンGO」。人気の過熱ぶりが社会現象になっているが、その流れは芸能界にも広がっている。芸能イベントでも「ポケモンGO」の話題が多く聞かれた。

「映画『シン・ゴジラ』のイベントに登場した主演の長谷川博己は、『ポケットに入るモンスターもいいですけど、史上最大のモンスター、ゴジラも追いかけましょう』とPR。自叙伝『さかなクンの一魚一会 ~まいにち夢中な人生!~』(講談社)の発売イベントを行ったさかなクンは、『ポケモンも素晴らしいですが、お魚も3万種類いて奥が深いんでギョざいます! ポケモンに負けないぞ~!』とコメントするなど、『ポケモンGO』をイベントの主旨に合わせてうまくPRにつなげるタレントが多かった印象です」(スポーツ紙記者)


 スマホゲームをやりそうもない人物にも、意外性を求めて質問が飛んだ。

「X JAPANのYOSHIKI、LUNA SEAのSUGIZO、GLAYのTAKUROが集結した会見でも、ポケモンの話題が。YOSHIKIは何のことやらよくわかっていなかったようでしたが、『僕らもモンスターのようなものだからね……』とYOSHIKIらしいコメントで場を沸かせました。また御年79ながらゾンビゲーム『バイオハザード』オタクとして知られる加山雄三も『知ってる知ってる!』と瞳を輝かせ、『ポケモンは海の上にもいるのか? ボートで探そうかな』と海を愛する加山ならではの視点で語り、驚かせました。ほかにも写真集の発売イベントを行ったハロプロのアイドルグループ、Juice=Juiceの植村あかりも『ハマってます! 私もポケモンと一緒に成長したいです』とコメント。また『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディング曲を歌う九州のご当地アイドルLinQは『ポケモンはやるわけない。妖怪ウォッチのゲームをやってます』と話すなど、アイドル界にも便乗ムードが浸透していました」(同)

 一方で、「ポケモンGO」の話題で墓穴を掘ったのが、SEKAI NO OWARIのFukaseとの交際で注目の人となっている益若つばさだという。

「AbemaTVのイベントでの囲み取材に登場した益若は、最初ポケモントークに乗ってきていましたが、『Fukaseもプレイしている?』と聞かれた途端、『わからないです』とあからさまに嫌な顔に……。『SNSではラブラブアピールしているのに……』と、反感を持つ報道陣も多かったようです」(同)

 話題のワードにうまく反応できるかどうかが、会見場での好感度を左右するようだ。

「僕らもモンスターのようなものだからね」は笑ってOKなやつ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. ムショ飯はうまいのか?
  10. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  11. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 新春ジャニオタ放談
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  16. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  17. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 薬丸裕英から家族すらも去った?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー