芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

yuiaragaki0728.jpg
「可愛い」という一本刀で芸能界を生き抜いて

 新垣結衣が10月期のTBS系連続ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(火曜午後10時~)で主演を務めることがわかり、ファンを歓喜させている。新垣の連ドラ主演は2015年10月期『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)以来、1年ぶり。TBSでは、13年4月期『空飛ぶ広報室』以来、3年半ぶりとなる。
 
 新垣が演じるのは、彼氏なし、大学院卒だけど内定ゼロ、派遣社員になるも派遣切りにあい、求職中の森山みくり(25)。みくりは父親のはからいで独身の会社員・津崎平匡(36)の「家事代行」として働き始める。その仕事も、あるきっかけで失いそうになると、追い詰められたみくりは「就職という意味での結婚」を津崎に提案。事実婚としての「契約結婚」を津崎は受け入れ、「雇用主=夫」「従業員=妻」として結婚することになる。恋愛感情を持たないはずの2人が同じ屋根の下で暮らすうちに、お互いを意識しだすようになるという、契約結婚の行方を描いた社会派ラブコメディだという。
 

 原作は、15年に「第39回講談社漫画賞」(少女部門)を受賞し、現在も女性向け月刊漫画誌「Kiss」(講談社)で連載中の海野つなみ氏の同名漫画。脚本は、映画『図書館戦争』シリーズをはじめ、ドラマ『ラッキーセブン』(フジテレビ系)、『重版出来!』『空飛ぶ広報室』(TBS系)『掟上今日子』などを手掛けた野木亜紀子氏が担当する。これで、新垣の連ドラ主演作は3作連続、野木氏の脚本となる。
 
 前回、新垣が主演を務めた『掟上今日子』は、寝ると記憶を失ってしまうため、事件を“ほぼ”起きているうちにスピード解決させる「忘却探偵」の物語だった。新垣は白髪でメガネをかけ、軽快な推理ドラマに挑んだが、平均視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で2ケタに乗らず。日テレの「土9」ドラマとしては、ややさびしい結果に終わっている。その前の主演作『空飛ぶ広報室』では、平均12.6%の高視聴率を取っていただけに、人気下降が懸念されているのだ。
 
 その意味で、新垣は『逃げるは恥だが役に立つ』で、なんとしても視聴率2ケタ台をマークしたいところ。しかし、TBSの「火10」ドラマは鬼門といわれている。14年4月期にスタートした同ドラマ枠は、過去最高が今年1月期『ダメな私に恋してください』(深田恭子主演)の9.5%で、全話平均視聴率が2ケタに乗った作品はまだ1作もないのだ。現在放送中の『せいせいするほど、愛してる』(武井咲主演)も、第3話までの平均が7.9%と苦戦している。この枠で2ケタ台を取ることができれば“快挙”ともいえ、その健在ぶりをアピールできるが、『掟上今日子』に続いて2作連続で1ケタ台に終われば、今後の主役でのオファーにも影響しかねない。それだけに、新垣にとって、『逃げるは恥だが役に立つ』は正念場といえそうだ。
(森田英雄)

オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!