しいちゃんの芸能解説講座【裏】

ASKA“ザビエル症候群”を告白、押尾学「世の中を見返す」! 薬物逮捕された人々は今

manabu.jpg
往年の俺様節発言が戻ってきたぞ!

編集S 覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕された夫・高知東生との離婚問題で芸能記者サンたちが注目している高島礼子。主演ドラマ『女たちの特捜最前線』(テレビ朝日系)は好発進のようね。

しいちゃん まあ、高島は言ってみれば“被害者”だからね……。薬物問題といえば、2014年に覚せい剤取締法違反罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けたASKAは、7月18日に1カ月限定の公式ブログを開設。7月26日に更新した記事には「僕は4ヶ月の隔離病棟生活の中で、何と髪の毛ががっつり抜けてしまいました。シャワー上がりに、鏡に向かうと頭皮がスケスケに見えてしまうんです。特に、頭頂は激しく、フランシスコ・ザビエルのようになってしまいました」「CHAGEは良いんです。似合っていますし、しぶとく残っているどころか、増えていますから。僕は、似合わないんです。これで、ラブソングを歌えるのだろうかと・・。恐怖を覚えました」「今ですか? ザビエルの部分に、芝生のようになった毛が、びっしりと生えてきました」と書いて話題に。

編集S なにげにCHAGEがディスられてない? 「しぶとく残っているどころか、増えている」って増毛かしら(笑)。ていうかASKA、ブログが毎回misono並みに長文! 更新が市川海老蔵並みに頻繁!! 

しいちゃん 「ザビエル」ネタが芸能ニュースとしてネット配信されると、7月27日の公式ブログでは、「こんばんは。ザビエルです・・」と書き出し、「何でしょう?このコメント数・・。ザビエル、ザビエル、ザビエル、ザビエル・・。夕方から、ここを見ていなかったので、今、参っています。ザビエル症候群に陥っています。だから、生えてる!ってば。今は、芝生だってばぁ。ホント、怖いな。ネット・・」と綴ってる。

編集S 「ザビエル症候群」ってASKA、なかなかおもしろいことを言うじゃないの。そうよ、その調子! ASKAはクスリなしでもいい詩が書けるって知らしめて!

しいちゃん 2009年に保護責任者遺棄致死罪と麻薬取締法違反で逮捕され、懲役2年6月の実刑判決を受けた押尾学は、7月22日に大阪市内でトークライブを開催。ジムでトレーニングしているそうで、体重は15キロ増加。腕には、息子の名前をヒンドゥー語で入れたタトゥー。バンド活動続行中で新アルバムを制作しているそう。「まだ親も健在なんで、もう1回、誇りに思える息子でいたいな。38歳なんで、いい意味で世の中を見返してやりたい」と語ってたよ。

編集S 出た、お得意の根拠なきポジティブ! ビジュアルは一時よりだいぶ持ち直したようね。出所直後、やはり頭髪に疑惑があったけど、大丈夫そう。しかし、なんでヒンドゥー語なのかしら。そのあたりがまだまだ中2病っていうか、押尾イズム!

しいちゃん さらに7月24日には東京・渋谷でもトークイベントを開催し、後半になぜか都知事選に立候補したマック赤坂が登場。「奥さんのファンでした」というマックは、「何度落選してもまた挑戦する私の人生。とにかく『復活』という人生観がありまして、押尾さんも運悪くそういうことになりましたけども、人生は何度でもやり直すことのできる人生、それを政治家として1つのテーマにしていまして。押尾さんもまた新しい人生をゼロから歩んでいただく、復活の人生をぜひ語りたいなと、ノーギャラでやってきました」とコメント。

マーシーを見る度、ぬ~ぼ~のCMを思い出しちゃう

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク