サイゾーウーマン勝手に調査団

「さっさとやれよ!」と威嚇!? 出版関係者がドン引きした、横暴すぎるジャニーズは?

1607kanjani.jpg
村上は一度、上沼恵美子あたりに叱ってもらうべき

 書店やコンビニの雑誌コーナーには、ジャニーズのタレントが表紙を飾る雑誌が数多く並ぶ。芸能誌の中には、もはやジャニーズなしでは誌面を作ることさえできないものも多いが、実際にページを制作している現場は、ジャニタレの不遜な態度に振り回されて気苦労も絶えないという。今回はそんな出版関係者に、「相手によって態度を変えるジャニーズタレント」を調査した。

 まず真っ先に名前が挙がったのが、関ジャニ∞の村上信五だ。


「マツコ・デラックスさんと共演するなど多くの番組でMCを務めていることから、テレビのスタッフから信頼は厚いように思えますよね。事実、プロデューサーや大物タレントなど目上の人間に対して取り入るのはすごくうまい。それに比べて雑誌は下に見ているんでしょう。取材には非協力的だし、カメラマンの要望にも応えない。現場に入ってくるやいなや大声で『さっさとやれよ!』と編集者にすごんだこともあるそうです」(雑誌記者)

 また、同じく関ジャニ∞の錦戸亮に対してはこんな声が。

「彼には全ての編集者が手を焼いているんじゃないですか? 寡黙と言えば聞こえはいいですが、インタビューであまり発言しないのは、ただ面倒くさいだけのようです。勝手に自分で取材を切り上げたことさえあったとか。彼にちゃんと取材を受けてもらう方法はただ1つ、若くて可愛い女性スタッフを用意しておくこと。普段の撮影ではろくにポージングもしませんが、可愛い女性の指示であれば従ってくれますし、なにより現場からいなくなる心配もありませんからね」(エンタメ誌編集者)

 女性スタッフが絡む話なら、ジャニーズ屈指の女好きであるNEWS・手越祐也のエピソードも外せない。

「手越くんは、決して雑誌スタッフのウケは悪くないですよ。物腰も柔らかいし、撮影や取材にも普通に応じてくれます。ただ、編集スタッフに可愛い女の子がいたらテンションは格段に変わるようですね。笑顔ひとつ取ってみても写真写りが全然違うし、『この小道具使おうよ!』とか『こんなポーズはどう?』とか、急にサービス精神旺盛になることも。あと、可愛いスタッフが機材や小道具を片付けていたら『オレも手伝うよ!』と言って突然“いい奴アピール”を始めたことも。まるで好きな女の子の気を引きたい、男子中学生みたいです」(芸能ライター)

 昔のような影響力が失われ、年々売り上げが減少する雑誌メディアと、プロ意識の欠けた横柄なジャニタレ。先にお役御免となるのは果たしてどちらだろうか?

「オレも手伝うよ!」でTGS48メンバーを増やしていったわけね

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに