その他
【ジャニーズ研究会レポート】

“チャラいだけ”は返上!? NEWS手越祐也が『ダマされた大賞』で見せた神対応

 現在のジャニーズにおいて、ゴシップスターといえば顔が浮かぶのはNEWS手越祐也である。これまでに女性アイドルらと熱愛報道で世間を騒がせてきたために、“チャラい”というイメージがつきまとうようになってしまった。しかし、負けず嫌いで努力家、なんでもプラスに捉える究極のポジティブ精神の持ち主であり、なぜか憎めないところも彼の魅力だ。

 そんな手越が7月25日に放送された『うわっ! ダマされた大賞2016夏』(日本テレビ系)に出演し、大掛かりなドッキリを仕掛けられた。そこで見せた手越の“神対応”が、ファンの間で話題となっている。

 地方の素人が仕掛け人となり、街ぐるみでターゲットをだます番組の恒例企画「地方人情ドッキリ」に登場した手越は、栃木県栃木市を舞台に、「街の人に個人的ニュースをインタビューする」というニセ番組の企画と聞かされてロケに参加した。まずドッキリを仕掛けたのは、地元の女子高校生3人組。手越と一緒に遊覧船に乗り込むのだが、そこで女の子の背中に気持ち悪い虫が出現。女子高生は大好きでも虫は大嫌いな手越が、「取って取って!」と騒ぐ女の子に対してどう対処するか検証された。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク