『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』著者・永田カビさんインタビュー

レズビアン風俗に行ったのは母から自立するため 人間関係に悩んだ漫画家の生きづらさの乗り越え方

レズビアン風俗に行ったのは母から自立するため 人間関係に悩んだ漫画家の生きづらさの乗り越え方

「誰と付き合った経験も 性的な経験も ついでに社会人経験も ないまま28歳になった私は 2015年6月、真っ昼間、レズビアン風俗でおねえさんと対峙していた」  大学を半年で退学した後、うつや摂食障害などの生きづらさを抱え、親や周囲との関係に悩んでいた永田カビさんが自分の心を深く洞察し、内面をさらけ出した漫画『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』(イースト・プレス)が話題です。pixiv掲載、そして2016年6月に書籍化、発売から1カ月で5刷と多くの人からの注目を集めているのは、レズビアン風俗の体験記という点よりも、自らの困難を克服していく過程が共感を呼んでいるようです。著者の永田カビさんに、出版後の反響や、生きづらさの乗り越え方、漫画を描くことの効果をもたらすかをお聞きしました。...

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

レズビアン風俗に行ったのは母から自立するため 人間関係に悩んだ漫画家の生きづらさの乗り越え方のページです。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、SMAP、TOKIO、KinKi Kids、V6、NEWS、関ジャニ∞、KAT-TUN、Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューやコラム、インタビューなども充実! インタビュー・風俗のニュースならサイゾーウーマンへ!

アクセスランキング

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. YUKIの見た目年齢は「20代後半」
  4. 木村拓哉、“娘”タブーを解禁の焦り
  5. さくらまや「別人!?」と視聴者あ然
  6. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  7. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  8. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル
  9. ラルク、国立最終公演出演を危惧する声
  10. ラルク、「kenだけ孤立」のウワサ
  11. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  12. 芸能界の“オワコンママタレ3人衆”
  13. 嵐・相葉『貴族探偵』小ネタがウザい?
  14. 『貴族探偵』初回11.8%にフジ絶句!?
  15. ラルク20周年展をファンが批難
  16. 『フランケン~』二階堂ふみに「ウザい」の声
  17. 『櫻子さん』の観月に「演技が古くさい」
  18. 天海祐希、大爆死乗り越え復活
  19. 「オワコン女優」認定の3人は?
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 城島と国分の“好感度”格差
  2. さんま、嵐と共演で「松本は一番イヤ」
  3. 嵐・櫻井ドラマ、局内から反感
  4. ラブホ回でニヤつくA.B.C-Z
  5. 最も衝撃的だった嵐のスキャンダル

カルチャーの人気記事

  1. LGBTや内縁関係でも入れるお墓
  2. 「カワイイ」とちやほやされてきたお嬢様な私が、貧乏くっさ~い女に負けるなんてあり得ない!
  3. 「婦人公論」保奈美の新連載がヤバイ
  4. 「GINGER」突然の“モテ特集”が迷走
  5. 高島彩「Domani」で優等生発言

海外ゴシップの人気記事

  1. ビヨンセ、インスタと現実が別人レベル
  2. メル・B、離婚申請した夫に3Pを強要された
  3. G・パルトローのサイトでセックス特集
  4. ジェーン・フォンダ、番組にバイブ持参
  5. ケイト・アプトン、爆乳がこぼれんばかり