【連載】永田町の「謎」 現役議員秘書がぶっちゃける国会ウラ情報10

永田町で「愛人顔」に分類される女性とは? 男性議員と女性秘書のヘンな距離感

hisho10_mini.jpg
議員事務所が“素人キャバクラ”に!?

 国会議員秘書歴20年の神澤志万と申します。セクハラ、パワハラ当たり前! 映画もテレビドラマもかなわないリアルな国会とその周辺について、現役議員秘書が暴露します。

■女性スタッフを「愛人顔の素人キャバ嬢」呼ばわり

 女性スタッフの顔を「愛人顔」と「そうでない顔」とにカテゴリー分けする……という、とんでもない風潮が永田町にはあります。議員たちも、「女性スタッフの起用は『愛人顔』ではない人を選ぶようにしている」と言っています。「愛人顔」かそうでないかの基準は謎ですが、おっさんたちには共通のイメージがあるようです。

 例えば、露出の激しい服装の女性スタッフがいる事務所には、しばしばマスコミの関係者や男性秘書仲間が休憩に集まります。おっさんたちは、陰で「素人キャバクラは楽しいな~。昼間からこんな会話していいんかい!」と自分でノリ突っ込みをしていたりします。その事務所の女性スタッフを、本人のいないところでは「愛人顔の素人キャバ嬢」なんて呼ぶのです。ほんと、失礼なおっさんたちです。

 また、男性議員と女性秘書との距離感が近すぎて、愛人関係をうわさされる事務所があれば、やっぱり、その女性秘書も「愛人顔」と呼ばれます。要するに「愛人顔」とは、顔の造形自体より女性の雰囲気を指すようです。色気があって魅力的だけれど、ちょっと態度がなれなれしいといったところでしょうか。いずれにしろ、永田町で女性を蔑視した表現が横行している証拠です。

■秘書の募集要件が「既婚・子ども有り」

 男性議員と女性秘書が他人に誤解を与えないように気を使うということにおいて、ひとつおもしろいエピソードがあります。

 ある独身の新人男性議員が、議員会館勤務の秘書の募集要件として、「女性・秘書経験者・既婚・子ども有り」と提示しました。自分の恋人や愛人と誤解されないようにとの配慮からです。後日、その条件に合う秘書を派閥のリーダー的事務所が斡旋しただけで、面接もなく採用が決定しました。いわゆる愛人顔ではなく、真面目な顔なので、誤解も生まないだろうと斡旋した側は思ったそうです。

 男性議員は、初登院の時に初めて、女性秘書と会ったそうです。その方は確かに結婚していて2児の母なのですが、外見が若々しくて、とても子持ちには見えなかったとか。だから、男性議員は、地元から上京する支援者たちに秘書を紹介する時必ず「この人は結婚していて、子どももいて、僕の秘書をしている○○さんです」と前置きをつけていました。その影響からか、秘書が選挙中に地元の集会で議員の代理として挨拶をする際、必ずと言っていいほど「人妻の○○秘書」と紹介されていたそうです。

 秘書仲間同士のランチの時に、それを聞いて噴き出してしまいました。その女性秘書は政策秘書としてとても優秀なのですが、もし面接をしていたら、「(若く見えて)誤解を生むから」と採用されていなかったかもしれません。能力よりも「ほかの採用条件」を優先してしまうのが永田町なのです。

■秘書の異性関係に対しては厳しい

 国会議員も広い意味では人気商売ですから、「イメージ」をとても大事にします。不倫なんて、もってのほかなのです。だから、男性議員と女性秘書は、横に並んで歩かないようにするとか、2人だけで食事をしないとか、打ち合わせもなるべくほかの人が同席の場で、または公共の場でなど、暗黙の細かいルールがあります。

 もちろん秘書は服装も露出を控え、スーツなどのカッチリしたものにしたり、言葉遣いにも気を使います。上司と部下を超えた親密さがあると誤解されたらいけないので、名前の呼び方も気をつけます。

 会議後に雑談をしていた時のこと。ある議員が、気が緩んでしまったのか、自分の秘書をファーストネームで呼んだことがありました。その場の空気が凍ったことは言うまでもありません。どこで誰が見ているかわかりませんし、絶対に、「そういう関係」は隠せるものではありません。

 また、永田町では、暗黙の了解として、秘書の採用条件に「男女関係にきれいなこと」という条件があります。疑惑程度でもアウトです。

 過去に飲み会で、秘書同士、酔った勢いでキスをしてしまい、そのうわさがもとでクビになった秘書もいますし、ただ単に方向が同じだからタクシーで一緒に帰っただけなのに、「持ち帰りした」と疑いをかけられ、やっぱりクビになった秘書もいます。

 国会議員の中には「浮気は男の甲斐性」みたいなことを言う男性もまだまだ多いのですが、秘書に対しては厳しいという、矛盾だらけの永田町です。

永田町にキャバクラがあるならホストクラブも作ればいい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  17. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー