芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

男性性にまつわる研究をされている様々な先生に教えを乞いながら、我々男子の課題や問題点について自己省察を交えて考えていく当連載。1人目の先生としてお招きしたのは、長年「男子の性教育」の問題に携わり、『男性解体新書』『男子の性教育』(いずれも大修館書店)などの著書を持つ元一橋大学非常勤講師の村瀬幸浩さんです。

◎一定数の男子が抱く「射精に対する嫌悪感」の原因とは?

清田代表(以下、清田) 僕は昔から、自分の男性性に嫌悪感と恐怖心を抱いていました。中1で初めてチン毛が生えたとき、なぜか猛烈に悲しくなってカッターナイフで剃っていたし、同じく中1で初めて夢精をしたときは、怖くなってパンツを近所の公園まで捨てにいきました。また、19歳で初めて恋人とセックスしたときは、お互い初めてだったというのもあり、血のついたコンドームを見てひどい罪悪感に襲われたのを覚えています。

村瀬幸浩先生(以下、村瀬) それは大変だったね……。

清田 村瀬先生の著書『男子の性教育』には、男子高校生を対象にした「射精イメージ」の調査結果が載っています。それによれば、約15%の男子が射精を「汚らわしい」と感じ、約20%が「恥ずかしい」という意識を持っている。これを読んで、僕は「同じ気持ちの男子が結構いるんだ」と驚きました。

村瀬 そうですね。もっとも、別の回答欄では約75%が「射精は自然なもの」と感じており、「射精は気持ちいいもの」も7割近くが同意している。だから射精にネガティブなイメージを持っている人が多数派というわけではないんだけど、15%や20%というのは決して少なくない数値ですよね。これは端的に言って「教わってなかったから」だと考えられます。例えば清田さんは、自分が射精するということをいつ、どのように知りましたか?

清田 小学4年か5年のとき、中学生だったいとこのお兄ちゃんに「ちんちんをシコシコやってると白いおしっこが出て気持ちいいぞ」と教えられたのをよく覚えています。それ聞いてめっちゃ怖くなりました。

村瀬 清田さんのように「身近な人に教わる」ってケースもなくはないんですが、大体は誰にも聞かないし、教わってもない。一方、女子の月経は小学校で必ず教えますよね。先の調査では女子高校生に「月経のイメージ」も聞いているんだけど、「汚らわしい」と答えた人は約5%、「恥ずかしい」は約8%でした。この男女差はおそらく教育の有無によるものです。想像するに、もしも女子に月経学習がなかったら、出血を伴う初めての生理現象を相当な恐怖と不安で迎えるはずです。

清田 月経は痛みやダルさも伴うわけで……射精とは比にならない恐怖でしょうね。

村瀬 女子の場合は「産む」ということがあるから、安心させるためにも、親も学校も月経のメカニズムからちゃんと教えるんです。でも男子には、「別に教える必要はない」という風潮がずっと続いてきてしまった。

清田 僕も学校で射精について教わった記憶はないです。

村瀬 男だって、何も知らずに性器からドロッとした白い液体が出てきたらびっくりするのにね。事実、「アソコから膿が出てきた」「自分が腐っていくような気がした」などと考える男子も少なくありません。

清田 確かに、「君たちは小学生の高学年から中学生くらいの間に、ちんちんから白い液体が出るようになる。それは射精と言って子どもを作るために必要なことで、段々と身体が大人になっている証拠です。とても自然なことなので怖がらなくていいし、ちょっと独特なニオイがするけれど、決して汚いものじゃないから心配しないでください」なんて感じであらかじめ教えてもらっていたら、あそこまで射精に嫌悪感を抱くことはなかったかも……。

◎科学的な知識を身につけ、自分の身体の扱い方を知る

村瀬 でも、性教育がないからといって、男子が性について何も知らないままかというと、そうじゃありませんよね。思春期になれば性的な欲求や関心が高まり、メディアや友達なんかを通じ、様々な性情報にアクセスするようになる。

清田 そうですね。僕の思春期は性的関心を持つとエロ本をみんなで貸し借りして繰り返し鑑賞するのがメインでしたが、今はネットでいくらでもアダルトなコンテンツが見られます。また、先輩や同級生など、男同士でエロ話をする中でいろいろ情報交換をしたりもしましたが、その文化は今も健在だと思います。

村瀬 絶対にダメなことではないけど、それは必ずしも科学的に正しい知識というわけではないよね? だから、場合によっては誤解や偏見が相当入り込んできて、理解や認識がめちゃくちゃ歪んでいってしまうことも少なくない。

清田 なるほど……。男子の場合、中高生の頃ってセックス経験者は稀少で、そういう人たちから「何人とヤった」「こんなプレイをした」みたいな架空の自慢話や、「女はこうすれば感じる」「こうすればセックスできる」みたいなハウツー話を聞かされることも多い。また、仕入れた情報を元に、童貞同士で妄想話を繰り広げることも多々ある。これでは正しい知識を得られるどころか、誤解や偏見が助長されかねませんよね。

村瀬 そうだね。だから僕も、男子学生に講義をするときは「君たちの性知識にはだいぶ薄汚れてるので、いったん白紙に戻し、一から学ぶ気持ちで聞いてくれ」って言ってます(笑)。

清田 僕は中高が男子校だったんですが、自分の男性性に苦手意識を抱きつつも、一方でセックスに対する欲望が煽られ、めっちゃ飢餓感を募らせていました。友達から聞く「彼女とこんなセックスをしたぜ!」みたいな話には、嫌悪感と羨望の念が同時にわき起こるというわけのわからない感覚でした。

村瀬 サブカルチャーとしてエロ情報を楽しむのはいいんだけど、その前に事実をきちんと科学的に勉強する必要があると思います。その土台がないと、簡単に誤解や偏見の渦に巻き込まれてしまい、自分も苦しむし、相手を傷つけることにもなりかねない。

清田 そうですよね。女性の身体構造も知らなければ、自分の性欲に関するメカニズムもまったくわかっていない。そんな状態で生身の女子と性的な接触を持つとしたら……。何というか、知識も技術も交通ルールも知らないまま車を運転するようなもので、危険すぎるだろって気がしてきました。

村瀬 特に男子はアダルトビデオなんかにも影響されるからね……。「激しくするほど女は喜ぶ」とか、本気で思い込んだまま大人になる男性もいます。だから僕は女子学生にも言うんですよ。ちゃんと自分の身体のことを知って、「痛い」とか「嫌だ」とか「こうして欲しい」とか、自分から相手にはっきり言えるようになろうって。

清田 桃山商事に恋愛相談しに来る女性の中にも、NOを言うのが苦手という人は少なくないです。

村瀬 女子の性教育では、「自分の身体の扱い方」を教えることがほとんどないんですよ。僕は女子学生には「自分で触ったこともないところに男のペニスを入れさせるな」ということをよく言っているんだけど、女子ももっと自分の身体の主人公にならなきゃいけない。性って“本能”だと思われているけど、実は知識や慣習によって形作られていく“文化”なんですよ。だから教育というのが大事で、それは大人が子どもに対して果たすべき責任だと考えています。

◎性的快感と心的快感。「性欲」の捉え方が狭すぎる!?

清田 これは自分自身にも当てはまることなんですが、男って自分の性欲について実は“よくわかってない”ような気がするんですよ。

村瀬 それはどういう意味で?

清田 男性の9割以上が自慰行為を経験しているし、アダルトコンテンツも充実しており、男性の多くは、エロの好みについて一家言あるはずです。でもそれってとても“消費者目線”というか、男性は「自分が外部から与えられるどんなエロ情報に興奮するか否か」という部分しかわかっていないんじゃないかと……。

村瀬 なるほど。『男子の貞操』(ちくま新書)という本を書いた坂爪真吾さんは、「男は“記号”に反応する」ということを言っていますが、それとつながる話だね。

清田 はい、同著で坂爪さんは、「(男性は)女性の身体の評価や採点、支配や売買を通して、間接的に自らの性を語ることしかできない」とも述べていますが、まさにその通りだなと。

村瀬 それを考えるにはまず、「快楽としての性」をどう捉えるかが鍵になると思います。これには2種類あると僕は考えていて、ひとつは身体的なオーガズム、男の場合で言えば射精につながるような“性的快感”(からだの快感)です。そしてもうひとつは、触れ合って、ほっとして、安心して……という心理面で味わう“心的快感”(こころの快感)です。

清田 一般的に「快楽」としてイメージするのは前者ですかね。

村瀬 そうだね。まず100%。特に男子はそちらに囚われている傾向が強いかもしれない。この性的快感って自慰行為でも得られるわけで、実は必ずしも相手を必要としないものですよね。これは何も「相手がいないから一人で」という話ではなく、恋人がいようと、結婚していようと、高齢者になろうと、相手の有無に限らず自分だけの性的快感は自分で獲得できるという意味で。

清田 村瀬先生はそれを「セルフプレジャー」と呼んでますよね。

村瀬 はい、そうです。いい表現でしょう? しかし、もう一方の心的快感は、触れ合いやコミュニケーションの中で得られるものであり、基本的に相手を必要とします。それで、ここが重要なポイントなんですが、性欲というものにはそのふたつを求める気持ちが混ざっています。

清田 なるほど……。「射精したい」と「相手とわかり合いたい」が混在していると。思うに、男性って後者の気持ちを自覚すらしていないかもですね。

村瀬 それが単なる射精欲求ならば、これはもうセルフプレジャーで満たすことでいいんですよ。そうやって生理的欲求を自己コントロールできることは、自分への自信にもつながるはずなので。逆に、そのために相手を利用するのはやめるべきでしょう。相手は射精のための道具ではないからです。

清田 “相手の身体を使ったオナニー”という表現もありますね。よくヤリチン男性なんかが「いくらセックスしても心の空白が埋まらない」みたいなことを言いますが、それっておそらく「本当は心的快感が欲しいのに、それを得られるようなセックスをしていない」ってことなのかもしれませんね。

村瀬 性欲の捉え方が狭すぎるため、そのことに気がつかないんだろうね。

清田 性欲って本来は幅広くて多様なものなのに、男性はその一部分にすぎない「射精欲求」のみを性欲と認識している。裏を返せば、心的快楽を欲しているときにも、それを自覚できず、つい性的快楽のみを追求してしまう……。そういう問題があるような気がしてきました。

村瀬 それを区別するためにまず、自分が何を欲しているのか、自分で分析できるようになることが大事だよね。ここがわからないと、相手といい関係を築きようがないわけで。「相手とじゃれ合いたい」とか、「くっついておしゃべりしたい」とか、そういった気持ちもひとつの性欲であると認識して欲しい。

清田 ホントそうですよね。願わくば、中学生くらいでそれを習っておきたかったです。つくづく性教育って大事ですね……。

<後編へ続く>

■今回の先生■

村瀬幸浩(むらせ・ゆきひろ)
1941年愛知県生まれ。東京教育大学(現筑波大学)卒業。私立和光高等学校保健体育科教諭として25年間勤務。その後、1989年から2015年まで一橋大学・津田塾大学・東京女子大学で「セクソロジー」の講師を務めた。著書に『男性解体新書』(大修館書店)、『性のこと、わが子と話せますか?』(集英社新書)、『男子の性教育~柔らかな関係づくりのために』(大修館書店)など。最新刊に共著『ヒューマン・セクソロジー』(子どもの未来社)がある。


■桃山商事
二軍男子で構成された恋バナ収集ユニット「桃山商事」。失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。コンセプトは“オトコ版 SEX AND THE CITY”。著書『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)が発売中。


関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!