[ジャニーズ・メディアの裏側]

Hey!Say!JUMP・伊野尾慧、メディア露出急増! “ジャニーズのゴリ押し”にテレビ局の本音は?

1607ino.jpg
まだ世間に見つかっていなかった頃の伊野尾ちゃん

 Hey!Say!JUMP・伊野尾慧の単独メディア露出が急増している。現在、7月17日スタートの新ドラマ『そして、誰もいなくなった』(日本テレビ系)に出演中のほか、今年4月からはトークバラエティ『メレンゲの気持ち』(同)のMCと、情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)の木曜パーソナリティを担当。また、来年には初主演映画『ピーチガール』の公開も控えるなど、まさに“伊野尾フィーバー”状態だ。その背景に、ジャニーズ事務所の猛プッシュがあるのは容易に想像できるが、業界関係者はこの状況をどのように見ているのだろうか?

「Hey!Say!JUMPは、藤島ジュリー景子副社長の管轄化で活動をしているといわれていますが、現在伊野尾は、ジュリー氏だけでなく、メリー喜多川副社長、ジャニー喜多川社長も含め、事務所全体からゴリ押しされている状態。これまでは、山田涼介や中島裕翔が推されてきましたが、『そろそろ第2のスターを……』と白羽の矢が立てられたのが伊野尾なんです。SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏は、グループ内に格差を作る“格差売り”が得意でしたが、ジャニーズ自体はそれを嫌う傾向があるため、昨年頃から伊野尾を売り出すことにしたわけです。なので、今後は別のメンバーにも同様のゴリ押しが展開されるでしょう」(スポーツ紙記者)

 事務所をあげての強力なバックアップがあるならば、伊野尾がテレビのレギュラーを次々と決めている現状にも納得がいく。しかしテレビ局側としては、伊野尾のゴリ押しに困惑していないのだろうか?

「伊野尾くんは、“適当キャラ”で知られていますが、意外なことに礼儀面ではかなりしっかりしています。相手の立場によって、態度を変えるということもありません。あのゆるい雰囲気でも、スタッフから全然疎まれることがないし、むしろ現場では“愛されキャラ”のポジションにしっかり収まっています。ジャニーズでは珍しいほどの『使いやすいタレント』とあって、局側からしても、事務所から強引にゴリ押しされている印象はまったく受けません」(テレビ局関係者)

 番組からも快く受け入れられているという伊野尾。特に、『めざましテレビ』のスタッフには、大歓迎されているようで、

「同番組はこれまで、伊野尾くんのような若い男性の起用をあまりしてこなかった。彼は、番組に新しい風を吹き込んでくれる上に機転も利くので、新メンバーとして入ってくれたことを感謝しているスタッフも多いみたいです」(同)

と、すっかりスタッフのハートまで掴んでいる様子。

 「伊野尾の活躍が、グループ全体の人気アップにもつながっているのでは」(同)という声もあるだけに、Hey!Say!JUMPが次世代トップアイドルグループに成長する日も、そう遠くないのかもしれない。

橋田寿賀子ファミリーっていう由緒正しきアイドルだから!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!