芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

hotroad_dvd_chijyouha.jpg
『ホットロード』/バップ

 能年玲奈の主演映画『ホットロード』(2014年8月公開)が、15日に日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」枠で地上波初放送され、その視聴率が6.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。

 主な裏番組の視聴率は、フジテレビ系「金曜プレミアム枠の 映画『ファイティング・ニモ』10.1%、テレビ朝日系『マツダオールスターゲーム2016 第1戦』が10.7%、TBS系『中居正広のキンスマスペシャル』が13.3%、テレビ東京『たけしのニッポンのミカタ!』が7.7%で、『ホットロード』はテレ東にも敗れた格好だ。

 能年といえば先日、「フライデー」(講談社)誌上において、6月で所属事務所レプロエンタテインメントとの契約が切れたとして、「のん」に改名したことを発表。しかし、レプロ側は能年が個人事務所を無断で設立し、その後、話し合いにも応じず、仕事を拒否したとして、能年側の言い分を受け入れていない。逆に、仕事をしなかった1年半を契約不履行として、契約延長を主張している。公式ホームページにも、“所属タレント”として今も掲載されている状況で、場合によっては、法的措置も辞さない構えのよう。契約問題は、まったく解決を見ていないのだ。

 そんなタイミングで放送された『ホットロード』。同作は、能年がNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(13年前期)で大ブレークを果たした後、初めて出演した映画で、能年演じる心に傷を抱えた少女役と、三代目J Soul Brothers・登坂広臣演じる不良少年との切ない恋を描いたラブストーリーだ。興行収入は25億円超とスマッシュヒットを記録し、能年は「第38回日本アカデミー賞」新人俳優賞などを受賞。地上波初放送とあって、本来なら“注目作”だったはずだが、視聴率は6.3%と視聴者は完全にソッポを向いてしまったようだ。

 それも無理からぬところだろう。『あまちゃん』で大きな注目を集めた能年だが、ブレーク後、映画は『ホットロード』『海月姫』(14年12月公開)と2本に出演したのみ。ドラマとなると、同年4月5日に放送された『世にも奇妙な物語 2014年春の特別編「空想少女」』(フジテレビ系)だけだ。約1年半、ほぼ開店休業状態だった能年は、お茶の間の視聴者にとっては、“消えた女優”に過ぎないのだろう。

 レプロとの問題も未解決で、視聴者からも見放された能年の先行きは厳しいものになりそうだ。能年玲奈あらため「のん」が再び、日の目を見ることはあるのだろうか?
(森田英雄)

『ホットロード [DVD]』 スキャンダルを逆手に取る女優になってほしかった amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!