[ジャニーズファン・最近のHOT TOPIC]

Hey!Say!JUMP・中島裕翔『HOPE』6.5%の大爆死スタート! 敗因は「日曜夜には鬱すぎる」!?

1607_hope_1.jpg
『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)公式サイトより

 17日、Hey!Say!JUMP・中島裕翔が主演する連続ドラマ『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)の初回が放送され、平均視聴率が6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。前クールに、同じフジ日曜午後9時枠で放送された『OUR HOUSE』に引き続いて、厳しいスタートとなった。

『HOPE』は2014年に韓国で大ヒットした『ミセン‐未生‐』をリメイクした作品。囲碁棋士になる夢をあきらめた主人公が、高卒で社会経験もないまま総合商社で働くことになり、周囲から認めてもらうため努力していく……というストーリーだ。インターンとして研修を受けることになった初回には「設定が古臭い」「職場の雰囲気がリアルすぎて、日曜の夜に見るにはきつすぎる」などと否定的な声が出る一方、「中島の演技、ジャニーズだけど自然だったし、よかった」「成長ストーリーで、感動要素もある」などの好評の声もあり、賛否両論となっている。

「視聴者の反応は、どちらかというと好意的なものも多いですが、視聴率は6.5%とかなり厳しい数字。フジテレビの“日9”枠といえば、4月クールの『OUR HOUSE』が全話平均視聴率4.5%の大爆死をしたばかりなので、『TBSで放送されてたら、もっと見る人多かっただろうな』『もったいない』という声も上がっていました。フジ“日9”枠自体を爆死枠と見なす視聴者も多いようです」(芸能ライター)

 一方、『HOPE』の裏番組であり、近年『半沢直樹』『天皇の料理番』『下町ロケット』などヒット作を連発している「TBS日曜劇場」も、17日より『仰げば尊し』をスタート。視聴率は11.4%と2ケタ超えで、『HOPE』に圧勝した格好だ。

 同ドラマは、寺尾聡演じる熱血教師が不良生徒たちと向き合い、弱小吹奏楽部を指導していくという物語。前評判では、主演・寺尾、また生徒役を真剣佑や村上虹郎など、まだまだ知名度の高くない若手俳優が担うといったキャスティングに関して、「渋すぎる」「華がない」などともいわれていたが……。

「実際に初回が放送されると、『寺尾さん、いい味出してるなあ』『ベタな青春ものだけど、みんな演技がうまいから入り込める!』と好評のようです。ただ、『TBS日曜劇場』というヒット枠で放送されたことが、初回視聴率2ケタ超えを達成させた理由の1つであるのは間違いないでしょう」(同)

 視聴率は芳しくないものの、内容については期待する人も多い『HOPE』。“爆死枠”とされているフジ“日9”で、視聴率を伸ばすことはできるのか? 今後に注目したい。

甘ったれの坊ちゃん役がハマりすぎている……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  5. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  8. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  12. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  15. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  16. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  17. GENKING、元カレ質問で大失態
  18. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 煙たがられているゴリ押し若手女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】
  5. テレビとギャップありなジャニーズ

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー