アンタッチャブル・柴田英嗣、ファンキー加藤のW不倫をネタにする“切実な事情”

anta-sibata.jpg
こんな時代もありました

 ベッキーとゲスの極み乙女。川谷絵音の不倫を超える“ゲス不倫”で世間を騒がせた、ファンキー加藤とアンタッチャブル・柴田英嗣の元妻によるW不倫。「週刊女性」(主婦と生活社)のスクープで明らかになった騒動だが、報道後間もなく収録したとされる『さんまのお笑い向上委員会』(7月9日放送、フジテレビ系)で、柴田が騒動の真相について赤裸々に語るシーンがあった。

「番組スタッフがダメ元で騒動について語ってほしいとお願いしたところ、意外とあっさりOKが出たと聞いています」(放送作家)


 柴田は番組で「(顔が)バレないようにホテルの部屋で(ファンキー加藤と元嫁と)密談した」などと語っていたが、その三者会議から間もなくW不倫がスクープされたため、柴田サイドのリーク説も浮上しているようだ。

「『週刊女性』で堂々とコメント取材に応じていた柴田ですが、数年前には、休業に関連した女性トラブルの直撃取材を敢行した記者に対して、ヤクザ顔負けの脅しをかけたと聞いています。そうした対応の違いからも、柴田側のリークではと疑っている週刊誌関係者は多い」(写真週刊誌記者)

 今回のW不倫騒動で柴田は被害者にあたり、離婚が成立した後とあって事件が表面化してもリスクは少ないという指摘もある。

「前回の女性トラブルは完全に柴田に非があったため、いまだに柴田を起用することを良く思わないスポンサーもいる。しかし、今回の騒動に関して柴田は被害者なので、騒動を利用してこれまでの悪いイメージを払拭することもできる。番組側もイジりやすい上、視聴率も稼げるとあって、オファーが殺到していると聞いています。柴田側のリークであれば、まさに計算通りといった感じでしょう」(テレビ局関係者)

 柴田サイドが話題作りとしてリークしたとウワサされる一因には、所属事務所の懐事情も関係しているようだ。

「人力舎は昨年末に、元キングオブコメディの高橋健一が女子高生の制服の窃盗罪で逮捕されたため、テレビやイベントのキャンセルが相次ぎ、違約金が発生しています。今回、柴田に非はないとはいえ、ファンキー加藤側に同情的な報道が先に出てしまう可能性もあったため、先に柴田側に有利な報道を出してもらったみたいですよ。キンコメに続いて、柴田まで悪いふうに報道されてしまえば、人力舎の更なるイメージダウンは必至ですから。なんなら、この騒動を利用して高橋の違約金分まで稼ぎたいと思っているのかもしれませんね」(プロダクション関係者)

 柴田側の思惑通りに事が運んだのかは定かでないが、ファンキー加藤のW不倫は結果として人力舎の懐を潤したようだ。

金の流れを見れば裏が見えてくる……!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク