[女性誌速攻レビュー]「CLASSY.」8月号

どこまでも男の妄想に付き合う「CLASSY.」が、危険なニオイしかしない“量産型女子”を提案

classy1608jpg.jpg
「CLASSY.」2016年8月号(光文社)

 今月号の「CLASSY.」(光文社)、特集は「今年もまたガウチョの夏がやってくる」です。「CLASSY.」はホント、ガウチョパンツへの態度が複雑。「はいてる女は絶対モテない」と蔑んでみたり、今月号のリードでは「スカートやパンツよりも断然今年っぽくオシャレに見え、その上はいていて楽ちんだから『もう手放せない』という人も多いのでは?」と持ち上げてみたり。今回の特集はとにかくガウチョパンツをカッコよく、オシャレに、スタイルよくはきこなす真っすぐな内容。そこにはモテ目線も卑屈なアラサー目線もありませんので、女性誌レビューとしては特に言うことなし! はい、次々!

<トピックス>
◎特集 今年もまたガウチョの夏がやってくる
◎出会いはデイリーブランドで作る 量産型女子が最強!?
◎理想の彼は年下かも!

■「量産型」って言葉から香ってくる代理店臭

 「とりあえずはやっているので、悪目立ちしないように最低限の着こなしを身に着けておこう」という趣旨の特集に続きましては、「出会いはデイリーブランドで作る 量産型女子が最強!?」を見てみましょう。危ないニオイがプンプンするタイトル。リードには「出会いの場なのに、女友達の目を気にしてトレンド感たっぷりの服を着たり、逆に男ウケを考えすぎて甘い服を着たり…。実は、男性にいちばん好かれるのは『普通のコ』」とあります。

 実際に男子が遠慮したい女子の3パターンとして、A「派手すぎ」。こちら「お金が好きそう…な派手な女性にザワザワ」とのこと。Bは「ツッコミ待ち」で、「ハットやサングラス…そのドヤ顔にドン引きします」。最後にCは「やる気あるの?」、「デニムにスニーカーは気を抜きすぎで残念」。「CLASSY.」に登場するホンネ男子は、ハットとサングラスにどんな深いトラウマがあるのでしょうか。

 そして、一時期「CLASSY.」と蜜月関係を築いていたぐっどうぃる博士に代わって、現在「CLASSY.」の“なんちゃって恋愛専門家”枠に君臨している作家・五百田達成氏が持論を垂れ流します。「そもそも、男性は女性を“オシャレ”という観点で評価することはありません。男性は、スカートが短いとか、パステルカラーを着ているとか、髪をくるくる巻いている…など記号的にわかりやすいことしかわからない」。毎度のことながら清々しいまでに「男性=オシャレ音痴」と決めつける五百田。一見派手な女性が話したら意外にも素朴だった……などのギャップに萌える展開は「面倒臭がりのイマドキ男子にはありません」ときっぱり。だから「出会いの場では量産型、つまりよくある普通の格好をするべきなのです」とのこと。

男の妄想に付き合いながら結婚したところで、離婚しか見えない「CLASSY.」女子の人生

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー