「芹那より数億倍マシ!」関ジャニ∞・大倉忠義&吉高由里子の熱愛報道をジャニヲタが祝福中

yoshitaka0425.jpg

 女優の吉高由里子(27)が、関ジャニ∞・大倉忠義(31)の自宅に連日通う様子を、15日発売の「フライデー」(講談社)が報じている。

 同誌は、先月から今月にかけ、大倉のマンションと仕事場を往復する吉高の姿を何度もキャッチ。2人は3月頃から会員制バーに出入りする様子が頻繁に目撃されているほか、先月には大倉の実家がある大阪で、仲良く粉モノを頬張っている姿が目撃されているという。

 吉高といえば、ロックバンド・RADWIMPSの野田洋次郎と、大倉はタレントの芹那とそれぞれ熱愛が報じられていたが、記事によれば、2組とも昨年に破局していたという。

 この報道を受け、関ジャニ∞ファンがショックを受けているかと思いきや、ネット上は祝福ムード。Twitterでは「芹那よりは、数億倍マシ」「なんだろう、芹那の時みたいに嫌じゃない」「芹那は嫌やったけど、吉高なら許す」「芹那と別れて、いい人見つけたね」「一流女優とフライデーとか、でかした」「今日は祝杯やな\(^o^)/一流芸能人 」と盛り上がりを見せている。

 また、現在、芹那のSNSのコメント欄には、「大倉にフラれて、ざまー」「由里子ちゃんに取られちゃいましたね」といったコメントが相次いでいるが、芹那サイドが消去に追われている模様だ。

「2014年9月に大倉との熱愛が報じられた芹那ですが、もともとタレントとして嫌われていた上に、SNSに大倉とお揃いの私物の画像をいくつも投稿し、ファンを挑発。完全にジャニヲタから敵視されてしまった。それに比べ吉高は、一時は自由すぎる発言が『イタい』などと話題になったこともあるが、『花子とアン』(NHK)主演後は好感度が急上昇。女優としての格も上がり、大倉ファンも『吉高なら……』と温かい目で見ています」(芸能記者)

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  10. ムショ飯はうまいのか?
  11. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  14. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  15. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー