真夏の最恐ラブホラー! 彼を誘って体験されてはいかがでしょう?

スタッフは見た! ラブホテルに現れる黒猫「モンタ」の怪奇現象

lovehorror2_mini.jpg
Photo by Takuma Kimura from Flickr

 ラブホテルの清掃員をしている大塚が体験した&同僚から聞いたコワーいラブホ怪談をご紹介します。

【第2話】猫のモンタ

「たまに見かける猫ちゃんて、オーナーさんのですか?」

 昨年の今ごろ、新人のホシノさんに聞かれました。北川景子系の美人で、初出勤日に「小説家を目指している」と自己紹介していました。

 「ラブホはネタの宝庫だから、勉強になる」そうです。大塚はネットで書いていることはナイショにしてるので、ちょっと冷や汗が出ましたが、とりあえず「わあ、すごい。有名になってもお友だちでいてね」と社交辞令で返しました。

 ホシノさんは小首をかしげ、「……考えときますね」。いや、単なる社交辞令なんですけどね。

 話が思いっきりそれましたが、ホシノさんは「(幽霊が)視える人」だったようです。猫ちゃんなんか、ラブホにいるわけありません。

「猫だぁ? どこから入ってきたのかなあ? オーナーに知れたらまずいよ」

 スズキ主任は知ってるくせにトボけます。

「ウチは衛生第一なんだから、猫なんかいたら大騒ぎよ。見間違いなんじゃないの~?」

 フロントの美魔女・タナカさんも塩対応で、ホシノさんは納得できない顔をしていました。

 実は、大塚は見たことないのですが、いつの頃からか当ホテルには「猫ちゃんの霊」も出るようなのです。「掃除のために客室のドアを開けておいたら、すっと入ってきて消えた」とか、「廊下を歩いているのがモニターに映っていたので、慌てて見にいったらいなかった」「屋上に通じる非常階段の一番上にいつも座っていて、見下ろしている」とかの目撃談があります。毛の模様はわからないようですが、黒っぽいらしいです。

 見た人は気味悪がってたいてい辞めてるので、主任はじめ管理職の人たちにとってはうれしくないお話です。とはいえ、名前がないのもかわいそうなので、オーナーのあだ名をとって「モンタ」と呼んでいます。もちろん、あの有名司会者さんのお名前ですね。

「モンタ、また出たのか……」
「カリカリ(猫のドライフード)でもお供えしたいけど、ゴキブリが出たら幽霊より怖いからね」

 主任とタナカさんがしんみり。困ったものですが、イタズラもしていないようですし、猫好きの大塚としては見てみたいものです。

 そして、案の定というか、やっぱりというか、ホシノさんは1カ月ほどで辞められましたが、その後も作家デビューはされていないようです。

大塚(おおつか)
都内某所のラブホで働く現役清掃員。R-ZONEと月刊誌「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で清掃員の日常を連載中。

不吉なのか、かわいいのか……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!