サイ女の朝ドラ通信

『とと姉ちゃん』脚本にツッコミ多発! 「二度とペン握らない」宣言の花山が、あっさり編集長に

ark160708.jpg
『連続テレビ小説 とと姉ちゃん Part1』(NHK出版)

ニッポンのお茶の間をわかし続ける国民的番組“朝ドラ”――そのあらすじと視聴者からの反響を、サイゾーウーマンが週2回(火・金曜日)お届けします!

『とと姉ちゃん』(NHK 総合/月~土、午前8時) 幼くして父を亡くした小橋常子(高畑充希)が、「父(とと)」の代わりとして、母と妹2人を守りながら、怒涛の戦前・戦後をたくましく生き抜いていく物語。総合誌「暮しの手帖」の創業者たちの軌跡をモチーフにしている。

■7/13(水)~7/15(金)
 「二度とペンは握らない」――常子が雑誌の編集長を頼んだ花山伊佐治(唐沢寿明)が、そう決意した理由を明かす場面から始まった水曜日。母との思い出、言葉や絵を扱う仕事を志した理由、そして言葉が持つ怖さに無自覚なまま戦争に加担した後悔について語る場面は、多くの視聴者を魅了したようだ。「唐沢寿明の演技力に脱帽」「シリアスな横顔に見とれた」「『爆弾は怖いが焼夷弾は恐るるに足らず』と宣伝したせいで、多くの犠牲者を出してしまったというエピソードが印象的」などの感想が上がった。「回想が少ない」「話の内容に意外性がなかった」という声はあったものの、ネット上での反応は概ね良好だった。

 一方、相も変わらず、視聴者をイラつかせているのが常子。「花山が『理由を聞いたら帰れ。二度と来るな』と言ったのに、あっさりスルー」「人の話を無視するの、何回目?」など、主人公の常識を疑う意見が目立った。さらに「編集長の給料については一切触れず。あざとい」など、働く人間としてあるまじき態度を指摘する声も。

 木曜日の放送では、花山が常子の依頼を受けることとなり、「編集長は1回だけ。給料はそれなりにもらうぞ」と要求。常子たちの雑誌に痛烈なダメ出しをしたときから一貫して、花山には支持する感想が多く上がっていたが、ネット上では突然の心変わりにツッコミが続出。「友人の事業を手伝うって言ったのに」「何か見逃した?」「セリフの行間を読めってこと?」など、脚本や演出に違和感を覚える人が多かったようだ。

 金曜日は花山からのアドバイスを受け、雑誌をリニューアル。いきなり人気を博すが、「いつの間にか雑誌ができてる、あっけない」「常子たちは何を話し合ったの?」「資金はどこから?」など、再び疑問の声が上がった。

 花山が雑誌作りに本腰を入れることで、このような意見を覆すことができるのか。物語は大きな山場を迎える。

唐沢ちゃんの演技力がなかったら、もっと大事故になってたかも

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー