[ジャニーズツッコミ道場]

元号変更までに備えておきたい、Hey!Say!JUMPが「旧世代」「前時代」になる心構え

jump-okada.jpg
Hey!Say!BESTに至っては、もう何がBESTなんだかという事態に!?

 7月13日夜。天皇陛下の生前退位のニュースが流れ、日本国内だけでなく世界にも大きな衝撃が走った。

 14日午後の現段階では、まだそれが実現するのか明らかになっていないが、譲位が行われた場合、その時点で元号が変わる可能性は高い。当たり前のことだが、いつか元号は変わる。そうなると、どうなるのか、Hey!Say!JUMP。

 21世紀だけど、20th Century。少年じゃないけど、少年隊。キッズじゃなくても、KinKi Kids。そんな日がHey!Say!JUMPにも訪れることを具体的に意識した。平成じゃなくても、Hey!Say!JUMP。

 Hey!Say!JUMPの前身となった期間限定ユニット、旧Hey!Say!7が鮮烈に登場し、シングル「Hey!Say!」で、「♪ヘイヘイヘヘイ ヘヘーヘヘイ! セイ!」と“ヘイセイ”を連呼、さらに、「ショウワでSHOWはムリ!」と歌い、新世代をアピールしていたのに、今度は自分たちが旧世代になる時代がやってくる。

 そもそも旧Hey!Say!7より8年前、光GENJIがリリースしたサードアルバムのタイトルは『Hey!Say!』というものだった。初回盤の発売は1989年2月。平成がスタートしてわずか1カ月後のリリース。ジャニーさんの新時代への期待感がビンビン伝わってくる。そして、「平成……ヘイセイ……Hey!Say!だヨ!」という、ジャニーさんのひらめきも想像できる。8年寝かせて、メンバー全員が平成生まれというグループの名前に、「Hey!Say!」の響きを復活させたということは、ジャニーさん、よっぽど「Hey!Say!」を気に入っていたんだろう。

 だから、元号が新しくなっても「『Hey!Say!』の響き、やっぱりカッコいいよネ」と、「Hey!Say!JUMP」のグループ名は当然そのままだろう。ところで、新元号になったら、やっぱりジャニーさんはワクワクして張り切りまくるのだろうか。「これからは、○○(新元号)の時代だヨ!」と。それを絡めた新グループやユニットを間違いなく作るだろう。

 そうなると、ますます「Hey!Say!」に前時代感が出てしまう。「ただの英語の呼びかけだから」というのもつらいところだ。改名の可能性はどうだろうか。新元号が「Hey!Say!」みたいに、いい感じで語呂合わせができそうだったら、「○○(新元号)JUMP」と改名、平成から新たな時代にJUMPするような雰囲気を出すか。

 または、単に「JUMP」になるパターン。ほかにも「ジャニーズJUMP」に「Sexy JUMP」、それから、Mr.KINGやPrinceなど王室系ユニット名もジャニーさんのマイブームのようなので、「JUMP King」とか。逆に、“その時代”があったことを印象づけるため(またはレトロ感を出す)、あえて「Hey!Say!」だけにするという攻め方もある。ただ、これだと結局、光GENJIのアルバム名になってしまうが。

 生前退位の動向がこの先どうなるかはわからないが、いつか元号が変わるとき、Hey!Say! JUMPはどうなるか。そして、新時代にワクワクするジャニーさんも見てみたい。もしかしたら本当に「Sexy時代」が到来するかもしれないし。Sexy元年。その時のために、とりあえずこうして妄想したことを覚えておきたい。
(太田サトル)

消えた2020計画に代わる新元号プロジェクト発動か!?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー