真夏の最恐ラブホラー! 彼を誘って体験されてはいかがでしょう?

ラブホテル清掃員が明かすコワーい話「“4”の部屋はアレが出る! 」

lovehorror1_mini.jpg

Photo by haru__q from Flickr

 ラブホテルの清掃員をしている大塚が体験した&同僚から聞いたコワーい「ラブホ怪談」をご紹介します。

【第1話】「4」のつく部屋

 はじめまして、大塚と申します。

 ラブホテル、テレビ局、コンサートホール、遊園地、テーマパーク……これらの共通点は「(幽霊が)出る」といううわさが絶えないことですね。一説には「生前に興味があった場所に霊が集まるから」だそうですが、清掃スタッフにとってはありがたくないお話です。当ホテルにもいくつかありますが、4階の霊は古株(?)らしく、体験談も多いです。

 まず、誰も使っていないのに勝手にエレベーターが動いて4 階で止まり、ドアが開きます。で、勝手にドアが閉まって1階まで降りてきます。これがけっこうな頻度であります。

 とはいえ、ふだん大塚たちはお部屋でお掃除をしているか、従業員控室にいるかなので、ほとんど気づきません。でも、フロントの美魔女・タナカさんはモニターで目の当たりにしてしまいます。

「また見ちゃったあ。コワイ!」

 昨日もタナカさんは手首に巻いた魔除けのパワーストーンを撫でながら、ぼやいていました。特にナニがあるというわけではないのですが、「すんごくコワイ」そうです。

 また、夜中の1時に「部屋がうるさいから替えてほしい」と4階のお部屋のお客様からお電話があることもしばしばです。女性の泣いているような声がするのだそうです。確認しましたが、隣室のエッチの声ではないようです。他にお部屋が空いていれば問題ないのですが、週末は混むので対応できないこともあり、そうなると大変です。怒ってお帰りになるお客様もいらっしゃるからです。

 「まあ先週のお客様は幽霊とは思っていらっしゃらなかったようで、よかった。単純に隣がうるさいだけと思ってたみたい」とタナカさん。真相は知らないほうがいいかもですね。

「そうそう、だいぶ前だけど、『窓の外にオンナの顔が!』って電話で言われて、慌てて見に行ったんだけど……。見えたよ、4階の窓の外に。サダ○みたいのが。もちろん超怖かったけど、お客さんと一緒に怖がるのもアレかな? と思って、『さあ……私には見えませんけど、お気にさわるようでしたら3階が一室あいております』ってご案内しといたわ」

 まさにフロントの鑑です……ていうか真剣にお祓いを考えたいのですが、言い出せずにおります。

大塚(おおつか)
都内某所のラブホで働く現役清掃員。R-ZONEと月刊誌「週刊実話ザ・タブー」(日本ジャーナル出版)で清掃員の日常を連載中。

知らぬが仏

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー