『ラヴソング』初回下回った!

月9『好きな人がいること』、初回10.1%の大爆死! 「乙女ゲームみたいできつい」と脱落者続出!?

1607_sukinahito1_1.jpg
『好きな人がいること』(フジテレビ系)公式サイトより

 11日、月9ドラマの新作『好きな人がいること』(フジテレビ系)の第1話が放送され、視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。月9としては厳しいスタートとなり、ネット上では「現実味がなさすぎてきつい」と早くも脱落者が出ているようだ。

 同ドラマは、桐谷美玲演じる“恋愛と無縁だった”パティシエ・美咲が、千秋(三浦翔平)、夏向(山崎賢人)、冬真(野村周平)のイケメン3兄弟とシェアハウスをするという内容のラブコメディ。放送前から、そのキャスト陣の豪華さで話題になっていた。

「ところが、第1話の視聴率は前クールの月9『ラヴソング』(フジテレビ系)の初回10.6%よりさらに低い10.1%でした。『ラヴソング』といえば全話平均8.5%という、月9最低視聴率を更新した作品。『好きな人がいること』は、初回から大爆死と、月9ワースト更新の気配をひしひしと感じさせる結果となってしまいましたね」(芸能ライター)

 回を重ねるごとに視聴率が伸びるかどうかは内容次第だが、ネット上では不評の声が目立つという。「イケメン兄弟と一緒に暮らすなんて、乙女ゲームみたい……」「イケメンにちやほやされたいって妄想をドラマにした感じ」など、現実味のなさについていけないという人が多いようだ。

「特に『あり得ない!』という反応が噴出したのは、美咲と夏向のキスシーンです。夏向は、美咲をパティシエとして認めないシェフなのですが、2人は口論に発展。その最中に、夏向がいきなり美咲の頬をつかんで黙らせ、なぜかそのままキスをするんです。これには『いきなりキスとか意味わからないし、なんで拒否しないの?』『この流れでのキスはただのセクハラ』『無理やりすぎるなあ、現実じゃあり得ないでしょ』といったツッコミの声が上がっていました」(同)

 初回から不評の声が噴出した『好きな人がいること』。もしこのまま視聴率が低迷すると、前々クールの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』から3作連続で月9ワースト視聴率を更新してしまう可能性もある。何とか持ち直してほしいものだが――。

山崎賢人でも胸キュンにならないって末期

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  5. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  12. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  13. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  14. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  17. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  18. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  19. 違法ギャンブル逮捕に狩野英孝が冷や汗
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

オンナの[裏]掲示板人気トピック

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「捨てられる妻」の典型とは?
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー