『ラヴソング』初回下回った!

月9『好きな人がいること』、初回10.1%の大爆死! 「乙女ゲームみたいできつい」と脱落者続出!?

1607_sukinahito1_1.jpg
『好きな人がいること』(フジテレビ系)公式サイトより

 11日、月9ドラマの新作『好きな人がいること』(フジテレビ系)の第1話が放送され、視聴率は10.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。月9としては厳しいスタートとなり、ネット上では「現実味がなさすぎてきつい」と早くも脱落者が出ているようだ。

 同ドラマは、桐谷美玲演じる“恋愛と無縁だった”パティシエ・美咲が、千秋(三浦翔平)、夏向(山崎賢人)、冬真(野村周平)のイケメン3兄弟とシェアハウスをするという内容のラブコメディ。放送前から、そのキャスト陣の豪華さで話題になっていた。

「ところが、第1話の視聴率は前クールの月9『ラヴソング』(フジテレビ系)の初回10.6%よりさらに低い10.1%でした。『ラヴソング』といえば全話平均8.5%という、月9最低視聴率を更新した作品。『好きな人がいること』は、初回から大爆死と、月9ワースト更新の気配をひしひしと感じさせる結果となってしまいましたね」(芸能ライター)

 回を重ねるごとに視聴率が伸びるかどうかは内容次第だが、ネット上では不評の声が目立つという。「イケメン兄弟と一緒に暮らすなんて、乙女ゲームみたい……」「イケメンにちやほやされたいって妄想をドラマにした感じ」など、現実味のなさについていけないという人が多いようだ。

「特に『あり得ない!』という反応が噴出したのは、美咲と夏向のキスシーンです。夏向は、美咲をパティシエとして認めないシェフなのですが、2人は口論に発展。その最中に、夏向がいきなり美咲の頬をつかんで黙らせ、なぜかそのままキスをするんです。これには『いきなりキスとか意味わからないし、なんで拒否しないの?』『この流れでのキスはただのセクハラ』『無理やりすぎるなあ、現実じゃあり得ないでしょ』といったツッコミの声が上がっていました」(同)

 初回から不評の声が噴出した『好きな人がいること』。もしこのまま視聴率が低迷すると、前々クールの『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』から3作連続で月9ワースト視聴率を更新してしまう可能性もある。何とか持ち直してほしいものだが――。

山崎賢人でも胸キュンにならないって末期

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 三浦春馬、写真流出の裏である豪語
  2. 菊地亜美の会見がド修羅場に
  3. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  4. 野村周平のアンチが急増しているワケ
  5. 三代目JSB・山下の恋人にファン大混乱
  6. 芦田愛菜が合格した名門私立は?
  7. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  8. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  9. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  10. 丸山の繊細なブログにファンも心配
  11. “○○が面倒くさい”芸能人
  12. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  13. 栄養ドリンクで疲労は一切とれない
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 「タウリン配合」はまったく意味ナシ!
  16. 月9イケメン俳優3人の業界評は?
  17. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  18. 「ド修羅場会見」を関係者暴露
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 男性保育士問題へのリアルな本音

ジャニーズの人気記事

  1. 元KAT-TUNと元NEWSが共演
  2. 田口淳之介、異例メジャーデビューの裏
  3. 『嘘の戦争』制作発表が修羅場に
  4. ジャニーズ生写真売り上げ【1月】
  5. 近藤真彦「嵐派だから」と軽口発言

カルチャーの人気記事

  1. 今月号もひどい「CLASSY.」の恋愛企画
  2. あの子に赤ちゃんを殺される! ボールをぶつけ、階段から突き落とす5歳女児に恐怖
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 植本一子「理想の家族像」から解き放たれて
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. ザ・ウィークエンドの新曲がエグい!
  2. 「ラーメン大好き」キアヌ・リーブス、日本でお気に入りの店が判明! ファンに神対応も
  3. 50セントが半年で25億円の債権を返済できたワケ
  4. M・タイソン、ブラピに妻を寝取られた過去
  5. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!