小栗邸周辺が騒々しい

小栗旬、“騒音問題”で近隣住民から「出て行け」!? 意外に多い「芸能人ご近所トラブル」

2015oguriplof.jpg
小栗旬オフィシャルサイトより

 12日発売の「女性自身」(光文社)が、小栗旬の“ご近所トラブル”を報じている。小栗は2014年、妻でモデルの山田優や子どもと暮らす自宅マンションの近くに、稽古場としても使える豪邸を建てて注目を集めたが、当初から苦情が絶えなかったという。

 小栗が建てたのは地上3階、地下1階の広さを誇り、2億5,000万円の大豪邸として知れ渡っている。記事によれば、この広さのせいで空調にもパワーが必要だったため、新築当初はエアコンの室外機の排気音が凄まじかったとのこと。近隣住民からの苦情によって警官からも忠告があり、小栗家は小型の室外機に替えるなどして対応したと伝えている。

「小栗邸のトラブルはそれだけではありません。小栗邸の工事の影響で、近隣一帯の地下水脈も変わってしまった。また稽古場であると同時に、小栗の俳優仲間の“溜まり場”のようにもなっているため、彼らの声もうるさいと問題になっていると、同誌は報じています。すでに『町内から出ていけ!』という声さえ出ているんだとか。小栗・山田夫妻は今年1月にも、『町内会費を支払っていない』として、トラブルに見舞われていたことが報じられました。住民にしてみれば、小栗一家は厄介者でしかないようですね」(芸能ライター)

 一般人でも、ご近所付き合いがこじれることはよくあるが、芸能人となると、余計に近所から冷ややかな目が向けられるようだ。

「そのせいか、芸能人のご近所トラブル報道は珍しくありません。SEKAI NO OWARIのメンバー4人が『セカオワハウス』と呼ばれる一戸建て住宅で共同生活を送っていることは有名ですが、彼らもまた14年、近隣からの騒音苦情が寄せられていると報じられました。しかも、家の前には空のペットボトルやたばこの吸殻など、ゴミが散乱しているとも。どんなに優れた音楽を作っていたとしても、人として最低限のマナーがなっていないのは論外です」(週刊誌記者)

 また、小栗やセカオワのような“ドンチャン騒ぎ”とは違った騒音トラブルも。

「13年に離婚した鈴木紗理奈とレゲエユニット・INFINITY16のTELA‐Cは、夫婦喧嘩で生じる絶叫や罵声で近隣住民の生活を脅かしていたと報じられました。2人の間には子どももいましたから、両親の喧嘩に怯えて泣き出す声も加わり、周囲は大変迷惑していたそうです」(同)

 芸能人ということだけでも目立つのに、トラブルまで起こしては悪目立ち以外の何物でもない。プライベートとはいえ、芸能人はイメージ商売の身であることを、より自覚した方が良さそうだ。

ご近所トラブル解決はレディコミで学んでよ~!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム