その他
【うわさの会見場から】

綾野剛、プロ声優をヨイショしまくり! 「ゲームファンに嫌われないため?」とマスコミの声

1607goayano.jpg
綾野剛オフィシャルサイトより

 綾野剛が、映画『KINGSGLAIVE FINAL FANTASY XV』のワールドプレミアイベントに出席した。絶大な人気を誇るゲーム『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの約6年ぶりとなる新作『FF XV』の世界を軸にしたフルCGアニメ作品で、綾野は主人公・ニックス役で声優に初挑戦しているが、舞台挨拶でのトークは「FFファン対策」に徹していたという。

「もともと『FF』の大ファンという綾野は、『IIIから入って、VIではティナに恋してたし、VIIのセフィロスにはセフィロスの正義があり……、重いテーマで好き』『好きなキャラはモルボル』『就きたいジョブはたまねぎ戦士です』と、ファンアピールを連発。『先ほどFF生みの親の坂口博信さんに初めてお会いできてテンパりました。ミーハーみたいになっちゃいました』という一言には、ゲーム専門誌のライターも感心して喜んでいましたよ」(映画ライター)


 さらに舞台挨拶の時間のほとんどを費やしたのが、“プロ声優礼賛”トークだったとか。

「声優に抜てきされたことには、『ファンの1人として、携わることに非常に恐怖や不安がありました。プロの声優さんがやった方がいいと思いましたし……』と弱音から入り、『プロの声優の方々の凄みを体感しました。僕とは圧倒的な差があります。それを認めました』『プロの方は表現力が果てしない』『レベルがまったく違う』『僕はまだまだなので、首を絞められるシーンでは自分で首を絞めました』などと、言いすぎでは……と思うくらい、何度も繰り返し謙遜していました。この日のトークの9割は、FF愛とプロ声優のヨイショ。ゲームファンに嫌われないために必死だったのではないでしょうか」(同)

 これまで『ルパン三世』『ガッチャマン』『ピース オブ ケイク』など人気アニメの実写化映画に出演してきた綾野だが、少なからず原作ファンからの厳しい声を受けてきた。「ゲームファンは、アニメファンに比べれば俳優の声優起用に寛大だと言われている」(同)というが、これまで批判にさらされてきた経験が、今回のトークに生かされたのだろうか?

綾野剛は実写化俳優として愛されてる方でしょ!!??

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  6. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  16. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム