芸能人、炎上した「七夕の願い」

「お前が言うな」のゲス乙女・川谷、加藤紗里は「一生ムリ」? アノ人の“七夕の願い事”

2016gesukiwa.jpg
ゲスの極み乙女。オフィシャルサイトより

 1年に一度、織姫と彦星が出会う世界一ロマンチックな行事である「七夕」。この物語は中国発祥とされ、日本では平安時代から、貴族が詩歌や習い事の上達などの願いを短冊にしたためる風習があったという。そんな古き良き伝統行事に、芸能人はどんな願いを託したのだろうか?

 まずはテレビデビューしてわずか10カ月足らずでブレークした、カリスマ読者モデル・りゅうちぇる。ここ半年のテレビ出演本数は100本以上と、その人気ぶりがうかがえる。「歩くファンタジー」といったような、つかみどころのないキャラクターを持つが、七夕に更新したTwitterでも見事にそれを貫いていた。


「七夕だねええええ~~皆さんの願い事がキラキラとお空に輝き、叶いますように…ぽよよよ~~ん!!」
 
 ちなみにブログでは、彼女のぺこと一緒に登場したサマージャンボ宝くじのイベントに合わせて、当選賞金7億円で叶えたい夢として「ぺこりんとすむ ぴんくのいえをたてる」と、彼らしい夢をつづっていた。
 
 続いては、芸人・狩野英孝の“六股”交際相手の1人として話題となり、メディア露出が増えている元レースクィーンでタレントの加藤紗里。その独特なルックスから、巷では「整形モンスター」と言われているが、先の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)では高須クリニック院長・高須克弥氏に胸をもまれ、「作り物」でないことが明らかになっている。
 
 そんな加藤だが、「人からそんけいされる人になりたい」という願い事を書いた短冊画像をインスタグラムにアップしたところ、ユーザーから「お前は一生なれん」「尊敬されるようなことしてるの?」などと相変わらず批判されてしまった。それでも心が折れないメンタルの強さが、彼女の持ち味なのかもしれない。
 
 そんな加藤も足元に及ばない、今年最大の炎上劇といえばベッキー。その一因を作ったロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音も天に願っていた。それは、「姪っ子がバンドマンと付き合いませんように」というもの。去年も同じ願いを書いたが、今回ばかりは反応が違うようで、「お前が言うか」「星の屑になれ」と、さらにバッシングを浴びてしまった。ブラックユーモアが裏目に出てしまったようだ。

 最後は歌舞伎役者・市川海老蔵。妻でがん闘病中のフリーキャスター・小林麻央の看病が続いているが、そんな中でブログを更新。子ども2人の願い事を紹介している。長女・麗禾ちゃんは「たくさんこうえんにいけますように」、長男・勸玄くんは「はやくはしれますように」。そして、海老蔵自身はというと、文章の最後に、「私の願いはただ一つ…さ、風呂はいろ」と、あえて明言せず締めくくっている。

 芸能人の生き方や人生がにじみ出る七夕の願い事。それぞれ無事叶うことを祈りたい。
(後藤港)

ばあちゃんのボケが進みませんように!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  9. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  10. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  17. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  18. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー