[ジャニーズ・メディアの裏側]

嵐・二宮和也、伊藤綾子とは「事務所公認の関係」!? 消された“決定的ツーショット”の存在

15ninowakuwaku.jpg
職場(コンサート会場)にオンナ呼んじゃうタイプなんだ~

 7日発売の「女性セブン」(小学館)がスクープした、嵐・二宮和也とフリーアナウンサー・伊藤綾子との熱愛。ネット配信された同記事はYahoo!トップに掲載されたが、テレビやスポーツ紙など、各大手メディアはこぞってスルー。さらに、記事にはツーショットなど決定的な写真がなかったことから、ファンの間では“ガセ扱い”とされつつある。ところが、二宮と伊藤は、真剣交際で愛を育んでいたようだ。

「セブン」の報道で、両者の交際は2年ほど続いており、伊藤は家族に二宮を紹介済みであることが明らかに。しかし、決定的証拠がない記事だったためか、ネット上では二宮ファンから「ツーショットがないのが救い」「それが出てくるまでは信じない」という、記事の信ぴょう性を疑う声が続出している。


「不思議なのが、ジャニーズとは友好関係にある『セブン』が熱愛を報じたこと。敵対している『フライデー』(講談社)や『週刊文春』(文藝春秋)ならまだしも、決定的証拠もないのに記事化に至ったのは、普通ならあり得ません」(テレビ局関係者)

 それでも「セブン」が熱愛を報じられたのには、“何らかの事情”があるようだ。

「ジャニーズ関係者から漏れ伝わってきたところによると、どうやら『セブン』は二宮と伊藤のツーショット写真を、すでに押さえていたそうです。しかし、それを出されてしまうと、ジャニーズサイドも熱愛を否定できなくなるので、記事掲載を許す代わりに、写真だけは引っ込めてもらったと。普段は、記事自体握りつぶすのも意に介さないジャニーズだけに、よほど決定的な写真だったようですね」(スポーツ紙記者)

 さらに、ジャニーズサイドは、公には交際しているとは決して認めないものの、実際は2人の関係を知っていたとみられ、一方の伊藤所属のセント・フォースサイドも「ごく親しい関係者には、交際を明かしていたとか。つまり両者の仲は、事務所公認であるといわれています」(同)。

「嵐の同僚・大野智は昨年、元女優・夏目鈴との熱愛を『フライデー』に報じられていますが、あの時はばっちりツーショットが掲載され、なおかつ夏目は自身のSNSに大野の手とみられる写真をアップするなど、深い仲であるのは明らかでした。そのため、大野は記者らに対して謝罪コメントを出しましたが、二宮は不幸中の幸いか、ツーショットも公になっていないし、交際の証拠も出ていない。つまり、いくらでも言い逃れが通用する状況なのです。このままひっそりと破局させられるか、交際を継続するのか、それはまだわかりませんが」(同)

 ファンからすれば、青天の霹靂以外の何物でもない今回の熱愛報道。果たして二宮はどう釈明するのだろうか?

大野担がフラッシュバックを起こしてないか心配

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  6. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  9. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  13. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  14. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  15. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. 『カウコン』意外な舞台裏
  19. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?
  20. “意外すぎる”不倫常習犯タレント

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー