再現ドラマですが……

「顔が激変した」と話題の夏菜、皮肉すぎる役柄に挑戦!? 濃いメイクで「誰だかわからない」

natuna_darekawakaranai.jpg
夏菜インスタグラムより

 4月期のTBS系連続ドラマ『99.9―刑事専門弁護士―』(嵐・松本潤主演)の第7話(5月29日)、第8話(6月5日)にゲスト出演し、「顔が激変した」と視聴者を驚がくさせ、“整形疑惑”も飛び出した夏菜が、7月18日にTBS系で放送されるドキュメンタリー番組『ツタンカーメンと伝説の王妃 3300年の新事実』内の再現ドラマで主演を務めることがわかった。

 同番組は、昨年、「ツタンカーメンの墓の奥に別の墓が続いていて、そこに王妃ネフェルティティの墓が眠っている」との仮説を立てた英国人考古学者のニコラス・リーヴス氏の調査にTBSが密着し、独占撮影に成功した模様をオンエア。リポーターはホラン千秋が務めている。

 番組中に放送されるドラマでは、10代の王だったツタンカーメン役を人気子役・鈴木福が担当。主役である、ツタンカーメンの義母・ネフェルティティ王妃役を夏菜が演じる。

 ネフェルティティは、古代エジプトでクレオパトラと並び称される美女で、夏菜は劇中衣装と濃いメイクを施し制作発表会見に出席した際、「自分でも誰だかわからない」と発言。通常メイクでも、『99.9』では、視聴者から「顔が変わりすぎて、夏菜だとわからなかった」との声が噴出しただけに、なんとも皮肉な話だ。

 2012年後期のNHK連続テレビ小説『純と愛』でヒロインに抜てきされた夏菜。朝ドラ終了直後の『ダブルス~二人の刑事』(テレビ朝日系/伊藤英明&坂口憲二主演)でも、ヒロインに起用されたものの、その後は徐々に連ドラレギュラーのオファーが減少。昨年7月期『ホテルコンシェルジュ』(TBS系/西内まりや主演)で、2年3カ月ぶりに連ドラ出演を果たしたが、脇役の客室係。今年1月期『スペシャリスト』(テレビ朝日系/SMAP・草なぎ剛主演)では、女優の三番手に起用されたが、いまひとつインパクトを残せなかった。

 14年3月末から2年間、司会を務めてきた音楽番組『The Covers』(NHK BSプレミアム)も降板となってしまった夏菜。今回、ドキュメンタリー番組中のドラマとはいえ、“主役”という立場は、13年10月12日に放送された単発ドラマ『世にも奇妙な物語 ’13秋の特別編「0.03フレームの女」』以来、2年9カ月ぶりのこと。ここで存在感を示して、“整形疑惑”を吹き飛ばしてほしいものだが……。
(森田英雄)

ちょっとみんな! 鼻柱見すぎだよ!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク