失敗しなかった!!

瞬間最高は、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧! 『ドクターX』22.0%で「米倉涼子大復活」

docterx_inok.jpg
『ドクターX~外科医・大門美知子~』(テレビ朝日系)公式サイトより

 米倉涼子主演の人気ドラマ『ドクターX~外科医・大門美知子~スペシャル』(テレビ朝日系)が、7月3日(午後9時~11時10分)に放送され、視聴率は22.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、単発ドラマとしては異例の高い数字をマークしたことがわかった。10月期に2年ぶりにオンエアされるシリーズ第4弾に向け、大きな弾みをつけた格好で、同視聴率は、今年放送された民放ドラマでは、TBS系『99.9-刑事専門弁護士-』(嵐・松本潤主演)の19.1%(第2話、第10話)を抜いて最高値となる。

 瞬間最高視聴率は、午後11時4分に記録した25.8%で、Hey!Say!JUMP・伊野尾慧演じるフィギュアスケーター・氷室光二郎が、四回転半ジャンプを決め、未知子(米倉)が大喜びした場面だった。既存のファンに加え、ジャニーズファンをうまく取り込むことにも成功し、高い視聴率を獲得できたようだ。

 『ドクターX』は2012年10月期に第1シリーズが放送され、平均視聴率19.1%(全8話)の高視聴率をマーク。第2シリーズ(13年10月期)は平均23.0%(全9話)、第3シリーズ(14年10月期)は平均22.9%(全11話)と立て続けに高い視聴率を記録。テレ朝では鉄板ドラマである『相棒』シリーズ(水谷豊主演)を超えるキラーコンテンツとなった。

しかしそんな『ドクターX』も、いったんは、米倉側の事情で“封印”されかけていた。14年末、米倉は2歳年下の一般人男性と結婚、妊活に励むため、15年のスケジュールを白紙にしていたが、結婚生活は短期間で破綻してしまった。プライベートでマイナスイメージがついた米倉は、女優業復帰へ舵を切り、昨年12月5日放送のドラマスペシャル『家政婦は見た!』(同)で、1年ぶりにドラマ出演。ところが、視聴率は12.6%とイマイチで、同ドラマシリーズ前作(14年3月2日放送)の17.4%から大きく下落。さらに、4月8日に放送された、主演ドラマ『松本清張スペシャル「かげろう絵図」』(フジテレビ系)は8.3%と惨敗してした。

 復帰後、『家政婦は見た!』『かげろう絵図』が続けてコケた米倉にとって、今回の『ドクターX』は最後のとりでだった。私生活では失敗した米倉だが、『ドクターX』ではドラマの決めゼリフのごとく、失敗しなかったことで、“視聴率女王”としての面目を保った。

 第3弾の最終回から、1年半のブランクがあっても、根強い視聴者の支持があることを証明した『ドクターX』。これなら、10月期のシリーズ第4弾も、高視聴率を取る確率は高いはず。それだけに、米倉としては、夫との離婚問題に早く決着を付けて、『ドクターX』の撮影に専念したいところだろう。
(森田英雄)

1年半前、誰がこの伊野尾ブレークを予想していたか

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  10. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  11. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  12. 新春ジャニオタ放談
  13. 『カウコン』意外な舞台裏
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. マツコとSMAP間に不穏な空気?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー