【エロメン☆タイム】一徹が起き抜けの身体に心地よい刺激を…至福の「寝起きセックス」

 セックスシーンはちょっとソフトな反面、胸キュンシーンが大量投入されている「SILK LABO」の“COCOON(繭)”レーベル。今回は2012年12月~2013年5月に配信された作品が収録されている『anthology Ⅱ』の「wake up!」をお届けします☆

 本作は『anthology Ⅱ』のDVD化に伴い撮り下ろされた、一徹×佐々木恋海ちゃんカップルの作品です。テーマは「wake up!」というタイトル通り、カップルの起き抜けイチャイチャ♡ 先に目覚めた一徹がちょっかいを出すシーンから始まります。

 まず一徹は、隣でTシャツ×パンツ姿で寝ている恋海ちゃんの洋服の乱れを直します。恋海ちゃんが風邪引いちゃうから? 自分が興奮しちゃうから? 理由はともあれ、早速何だか愛おしい行為のお出ましです。

 その後、一徹に背を向けて寝ている恋海ちゃんを、腕枕→後ろからギュッ。首筋の匂いを嗅いで、幸せそうな表情に……。洋服直しもそうですが、「もし自分が寝ている間に、彼氏がこんなことをしていたら」なんて妄想しながらも楽しめます。ぜひ!

 そして、後ろから胸を揉み、自分のアソコを恋海ちゃんのお尻にスリスリし始める一徹。アラームで目を覚ました恋海ちゃんもすぐさま一徹を受け入れ、身体をくねらせ感じちゃいます。起き抜けの身体に心地よい刺激……最高の目覚めでしょう!!!

 お互いに寝起きなこともあり、恋海ちゃんのアソコを責める一徹の手や、洋服を脱ぐスピードなどは、かなりゆっくりゆったり。しかし、徐々に一徹の手は激しく動き出し、同時に恋海ちゃんの喘ぎ声も大きくなるのです。そして挿入シーンでは、先ほどまで穏やかな表情だった2人が、眉をしかめて悶え合います……。この高まっていく描写が濡れるんですよ~!

 事後には、思いっきりボーッとした眠そうな顔に戻る一徹ですが、ふと時計を見上げると「ハッ」と目を覚まします。「もう支度しなきゃじゃ~ん!」と恋海ちゃんの胸に顔をグリグリ→キスの嵐! もう時間はないのに離れられないあの感じを、見事に表現しています! 太陽の光が差し込む部屋での朝セックス――この上なく爽やかでほのぼのする作品です☆ ちなみに、挿入シーンの前。背中にキスをしたり、髪を撫でたりといろんなところを責めるのですが、何度も映し出される「アソコをスリスリしているアップ」にはニヤけました。

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  12. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  18. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  19. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム