芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

 AV男優の森林原人さん、女性のあいだでもとても人気ですね~(私の周りでは)。messyでは、しQちゃんがLOVE全開のコラムをしたためたうえ、ご本人に直接インタビューをしていました。

・銀河一の超人AV男優 森林 原人という男の引力
・至上最強のAV男優・森林原人がセルフフェラからニューハーフ絶頂まで語り尽くすキュウ~~~!

 しQちゃんの原人愛をとおして、私もどんどん興味が増していきました。かなりゲスい話をしているのにキュート。ちょっと変わったお顔立ちなのに、存在そのものがキュート。そんな原人氏の魅力をめいっぱい引き出したのは、愛のなせるワザ! 極めつけは、しQちゃんの「原人ちゃん、ちょっとマンボウに似てて可愛いキュウ~!! お口がマンボウの口の形キュウ~ 可愛いキュウ可愛いキュウ~」というツイートでした。全力で笑ったあと、原人氏への興味が加速していた! ありがとう、しQちゃん。

『偏差値78のAV男優が考える セックス幸福論 (講談社文庫)』は、そんな原人さんによる初の書きおろし著書です。web上のコラムなどでも、高度な頭脳をお持ちゆえの洞察力と文才と発信力にビシビシしびれていましたが、1年以上かけて書きおろされた単行本となると、その頭のなかがより詳しくのぞけてしまう! とページを開いたときの私の胸には、期待しかありませんでした。

「セックス」とひと言でいっても、人によってそれが何であるかは違います。ある人にとっては肉体的欲求の発散であり、またある人にとっては愛情表現です。子どもを作る手段、お金を稼ぐための手段、単純に“趣味”という人もいるでしょう。セックスそのものが暴力となりうるため、嫌悪の対象になることもあります。なくてもいい、という人も数多く存在しますし、ほんとうは渇望しているけどセックスすることが叶わないから、あえて遠ざけるというのも、ままあるケースでしょう。

 これらは不変のものではなく、誰とするか(できないか)によっても違うし、自身の心と身体、置かれている状況や年齢によっても変わります。社会状況、世の中の空気に影響されることもあるでしょう。それゆえに、『日本人はもうセックスしなくなるかもしれない』という状況は、ほんとうに現実になってしまうかもしれないのです。

◎雑食AV男優がセックスを解体する

 人によってこんなに意義も意味も違うのに、ぜ~んぶが「セックス」というボックスに入れられます。ホットケーキミックスみたいに。そこに「愛」という名の卵と、「欲望」という牛乳を加えてぐるぐる混ぜると「幸せなセックス」ができあがると思われています。それでふわっと、おいしく焼きあがる人もいます。でも、なぜか交じり合ってくれなくて、無理やり焼いてみても、不味いものにしかならない人もいます。どうしてだろう。

 おいしいホットケーキとは何なのか、どうやったらそこにたどり着けるのか、おいしくないホットケーキができあがってしまうのは何故なのか……を思索するセックスの賢人が、森林原人です。原人氏はセックスを見せるのがお仕事で、17年に及ぶ男優キャリアのなかで、8,000超の人と10,000回以上セックスし、生活の糧を得てきました。多いときは1日18人! タフすぎ!! その原動力は「セックスが好き」というシンプルなものです。

 好きといっても一般に思われているレベルをはるかに超越し、しQちゃんの言葉を借りると、「美少年とかニューハーフにとどまらず、女性的でない女装子とか、80歳くらいのおばあちゃんともズブズブしているキュウ」という状態。仕事で割りきって、という感じはみじんもなく、セックスへの飽くなき探究心がそうさせているという印象です。

 そんな雑食中の雑食、数も質も常人と比べるとケタ外れのセックスライフをとおして原人氏は、冷静にセックスと絡み(AVの撮影現場における“見せる”セックス)を分け、愛情と性欲を区別し、愛情の深さと快感の度合いは一致しないと断言し、身体と心を一緒くたにせず、自分の快感と相手の快感のあいだに線を引いていきます。なんて冷静。

 といっても愛のないセックスを称賛するようなドライなものではなく、かつて交際していた女性とのあいだの「シンプルに相手を愛おしいと想ってセックスする時、その気持の純度が高ければ高いほど、肉体的な刺激は必要なくなり、幸せという境地に辿り着く」という、これ以上ないピュアな体験も披露されています。セックスの原始性と、愛おしいという気持ちの多幸感が重なると、これだけ混じりけなしの幸せなセックスができるということを、みずからの体験をとおして教えてくれるのです。愛と欲望と自己承認欲求がごっちゃになると、「愛しているならセックスして当然!」「セックスしたんだから、愛しているはず!」ということが起こります。それって面倒だし、ただのエゴだし、かえって不純。

◎まるでエレガントな料理人

 さらに、「セックスの悦びは、いかに相手の快感に共鳴できるか」「(共鳴とは)相手の興奮が、自分の興奮になり、それによって高まっていける」こととしたうえで、「どれだけ、共鳴できたとしても、相手の気持ち良さは相手のものであって、それによって自分が高まっても、それは自分の気持ち良さでしかなく、互いの気持ち良さを共有しているわけではないのです」とされています。自分と相手のあいだに線を引くというと冷たいように思われるかもしれませんが、これは相手を自分の思い込み、自己満足に巻き込まないという考えが根柢にあってこそ。ここにもエゴはなく、相手へのリスペクトがあります。

 原人氏は「セックスに意味付けはいらない」といいます。神聖化もしません。みずからの公私にわたる経験や、破天荒な先輩男優、AV監督との逸話をとおして、ホットケーキミックスから雑味を取り除き、牛乳は牛乳、卵は卵、すなわちホットケーキを作るための一材料としてでなく、その存在意義や役割そのものを問い直し、純度が高く最高においしいホットケーキを焼いていく……すなわち「幸せなセックス」を作り上げていくのです。

 まるでホットケーキ界の巨匠のようです。そういえば、冒頭の「セックスと絡みは違う」章で、ある撮影現場での男優としての仕事ぶりをつづった一連の下りは、進行がとてもスムーズな料理番組をそのまま実況しているかのように、一切の淀みがありませんでした。ワザも、その仕事における哲学も洗練された職人なのですね。

 幸せなセックスという、ちょっと気恥ずかしい感もあるテーマに、AV男優という、そこから最も遠いところにいると思われる男が挑んだ1冊。セックスを解体して、そこから「セックス幸福論」と組み上げていく過程は、ゲスい話(いい意味で!)がてんこ盛りながらも、実にエレガントだと感じさせてくれました。

関連記事
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!