脚本家もヒットメーカーなのに

尾野真千子&江口洋介『はじめまして、愛しています。』、早くも大爆死予想されるワケ

haziai.jpg
『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)公式サイトより

 テレビ朝日が看板ドラマ枠である「木9」で、10月期に『ドクターX~外科医・大門未知子~』第4弾(米倉涼子主演)を放送することを明らかにした。同局にとって、視聴率20%前後が期待できる『ドクターX』の2年ぶりの復活は、これ以上ない朗報となった。

 しかし、喜んでばかりもいられない。7 月期の「木9」ドラマが、「爆死しかねない」と予想されているからだ。そのドラマとは、尾野真千子が主演する『はじめまして、愛しています。』(7月14日放送開始)。

 同ドラマは、挫折続きのピアニスト・梅田美奈(尾野)と、不動産管理会社に勤める、まれに見るお人好しの夫・信次(江口洋介)の物語。2人は結婚10 年になるものの、ある理由から子どもができずにいたが、親に捨てられた見ず知らずの5歳の男の子を引き取ろうと決断。本当の家族になろうと奮闘する姿を描いているという。脚本は、大ヒットドラマ『家政婦のミタ』(2011年/日本テレビ系)を生んだ遊川和彦氏のオリジナル作品で、ときにコミカルなシーンが織り交ぜられているそうだ。

 主演の尾野は、11年後期のNHK連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインに抜てきされ、国民的女優となった。しかしその後は、演技力はともかく、“人気”の点ではイマイチ伸び悩んだ。14年4月期の『極悪がんぼ』(フジテレビ系)で、民放連ドラ単独初主演を務めたが、全話平均視聴率は9.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)で、当時の月9ワースト視聴率を更新してしまった。『はじめまして』は、それ以来、2年3カ月ぶりの連ドラ主演となるが、ネット上ではスタート前から「尾野と江口で視聴率が取れるの?」という声がちらついているのだ。

「尾野は典型的な演技派女優で、ドラマでの数字は持っていないでしょう。ましてや、昨年7月に結婚して、男性人気も下降の一途をたどっているようです。江口に関しては、もう“過去の人”といってもいいかもしれません。昨年10月期には準主役で、『オトナ女子』(フジテレビ系/篠原涼子主演)に出演しましたが、平均視聴率は8.7%と惨敗しています。テレ朝は『遊川氏が脚本を担当すれば、2ケタ超えは堅い』と思っているフシもありますが、遊川氏の脚本は奇想天外であるため、朝ドラ『純と愛』のようにコケたケースもあります。ひとつ歯車が狂えば、爆死となる可能性もありそうです」(テレビ制作関係者)

 主役・尾野、準主役・江口の潜在視聴率が低いとみられている上、脇役陣は速水もこみち、坂井真紀、余貴美子、藤竜也らで、「これまた地味な面々」(同)。最近では、『◯◯妻』『偽装の夫婦』(共に15年、日本テレビ系)をヒットに導いた遊川氏だが、『はじめまして』では苦戦をしいられそうだ。もし同ドラマが1ケタ台で終わってしまうようなことがあれば、テレ朝「木9」枠では、昨年7月期『エイジハラスメント』(武井咲主演)の平均8.9%以来の惨事となる。尾野、江口、そして遊川氏にとっての“黒歴史”にならなければいいのだが。
(森田英雄)

代表作は「ほっしゃん。と不倫報道」なんだよな~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  5. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  6. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  7. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 新春ジャニオタ放談
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  12. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  16. 『カウコン』意外な舞台裏
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  19. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  20. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー