その他
大コケしなければいいけれど……

小栗旬主演『銀魂』実写映画にファン悲鳴! 「集英社はウソつき」の怒号上がるワケ

gintama01.jpg
『銀魂-ぎんたま- 1』(集英社)

 すでにネット上では話題になっていた人気漫画『銀魂』(集英社)の実写化が、1日に正式発表された。2017年に全国公開予定で、主人公・坂田銀時役を演じるのは小栗旬。脚本・監督は、ドラマ『勇者ヨシヒコ』(テレビ東京)シリーズや映画『HK 変態仮面』などで人気の福田雄一氏が担当する。しかし、かねてから人気漫画の実写化は批判対象になりやすく、今回もさっそくクレームが飛び交う事態となっている。

「週刊少年ジャンプ」で04年から連載中の『銀魂』は、畳みかけるようなギャグと涙を誘うシリアスさのバランス、魅力的なキャラクターが人気で、熱狂的なファンも多い。物語は江戸時代の設定だが、宇宙からやってきた「天人(あまんと)」との戦いが繰り広げられるなどのファンタジー要素もある。小栗演じる銀時は、普段は気怠げだが侍魂と信念を持ち、仲間とともに熱いバトルを展開する。

「小栗は14年の映画『ルパン三世』で主演を務め、公開前は実写化に大ブーイングだったものの、興行収入24.5億円とスマッシュヒットを成し遂げました。今回もその実績を買われているのでしょうが、ネットでは『小栗は銀さんのイメージじゃない』『小栗のどこを見て銀さんに抜てきしたんだろう?』などと、原作ファンから戸惑いの声が上がっています。また、小栗は12年の『宇宙兄弟』や16年の『信長協奏曲』など多くの実写映画に出演しているため、『実写化専門俳優』と皮肉を言う者も」(芸能ライター)

 そのほか、「映画界は人気漫画の実写化に頼りすぎ!」「原作ファンの気持ちは無視して、金のために実写化してるんだろう」といった業界批判も噴出している。

「さらに、今回は集英社にもファンから非難の声が上がっています。一部で『銀魂』実写化の情報が先行して出たときに、一般のファンが同社に事実確認の問い合わせをしたそうで、『その話はまったくの嘘です』と回答されたとTwitterでツイート。真偽のほどはわかりませんが、またたく間にこの話はファンの間に拡散されました。ところが、しばらくして公式が情報を解禁したため、『集英社はウソつき!』などとファンが激怒しているのです」(同)

 そんなファンの混乱を予期していたかのように、原作者の空知英秋氏は情報解禁にあたり「漫画の実写化はイメージと違うと叩かれるのが常ですが、もう今さら何をやっても読者の皆さんの銀魂のキャラ像はブレないと信じていますし、ここに集まってくれた方々はそういう覚悟もした上で、それでも泥舟でもいいから銀魂に乗りたいと言ってくれた方々」などと、コメントを発表している。

 早くも“炎上祭り”になっている実写版『銀魂』だが、公開後は本当に泥舟として撃沈することがないよう祈るばかりだ。

それでも見に行ってしまうのがオタクのSAGA

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク