中国の金持ちアイドルオタが一番楽しそう

中国版「ジャニーズ事務所」誕生!? アイドル育成学校設立も「日本人にダサいと思われそう」

starchina.jpg
星学院のオーディションを呼びかけるポスター(出典:微博)

 国産アイドルを育成しようという動きが、中国で本格化している。ここ最近、男子3人組グループ「TFBOYS」を筆頭に国産アイドルが誕生し始めているが、歌って踊れるアイドルといえば、中国ではK-POPが幅を利かしているのが現状だ。

 そんな中、「中国日報網」(6月29日付)はアイドル育成学校が設立されたと報じた。育成学校を立ち上げたのは、中国国内でダンサー・舞台監督として活躍している崔強(28)という人物だ。これまで、韓国人アーティストの中国公演の際に、ダンス指導などを務めた経歴を持つ。

 記事によると、崔強は韓国人アーティストや韓国産エンタテインメントと関わりを持つ一方で、中国のエンタメ文化がまったく成長していないことを強く感じ、中国に国産アイドルの育成学校「星(スター)学院」を設立したのだという。この星学院は韓国の芸能事務所の理念を取り入れ、厳しいオーディションを実施。入学後は数年にわたり歌やダンスのレッスンを行い、アイドルとしての表現力を養うという。

 この星学院はどうやらかなり本格的なようで、講師として大学教授や人気テレビ番組の演出家などの著名人を迎え、ダンス以外に演劇指導も学ばせる予定だ。

 このニュースに対し、中国版Twitter「微博」には多くのネットユーザーからコメントが上がっている。

「中国は13億人いるのだから、美男美女は韓国に負けないくらいいるはずだ!」
「台湾アイドルですら、アジアで売れなくて帰ってくるのが多いというのに。どうなることやら」
「中国産アイドルなんて、きっと日本人からはダサいと思われそう。まぁ、韓国の整形アイドルよりマシだけどね」

star-china02.jpg
先日、河北省で行われた、星学院所属の小学生メンバーによるダンスの発表会(出典:捜狐新聞)

 中国の芸能事情に詳しい香港のメディア記者は、育成学校誕生の背景についてこう話す。

「中国のエンタメ市場は、K-POPアイドルや日本のアイドルたちが占拠してきた。そんな中、中国国内では海外のアイドルに対抗できる国産アイドルの誕生を待ちわびる声が多くなっています。それは当局も然りで、政府が進める国内コンテンツ産業の育成には、国産アイドルが不可欠です」 

 カリスマ性を帯びたアイドルに、共産党のプロパガンダを熱唱させれば、人民の人心掌握は万全ということなのだろうか?
(広瀬賢)

TFboys、これはこれで良いのよ~

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  4. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  7. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  11. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  14. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  15. “もう終わった”イケメン俳優3人
  16. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  17. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  20. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー