もう来年の4月の話……

有村架純、“特別待遇”な朝ドラヒロイン!? NHKが力を入れざるを得ないワケ

arimurakasumi_blog16.jpg
有村架純オフィシャルブログより

 次々期NHK連続テレビ小説『ひよっこ』(2017年4月3日放送開始予定)のヒロインを有村架純が務めることが6月29日、NHKから発表された。

 次作『べっぴんさん』(10月3日放送開始予定)のヒロイン・芳根京子が明かされたのは4月6日のこと。つまり、それからわずか3カ月足らずで発表に至ったのだから、NHKがいかに、『ひよっこ』に力を入れているかがわかる。

 今回は脚本を担当する岡田惠和氏ら制作陣の要望により、オーディションを行わず、有村がヒロインに決定。朝ドラのヒロインがオーディションなしでキャスティングされたのは、14年前期『花子とアン』の吉高由里子以来、6作ぶりとなる。またここ数年の朝ドラは、実在の人物がモチーフとなっていたが、『ひよっこ』は岡田氏のオリジナルストーリー。また岡田氏が朝ドラを手掛けるのは、『ちゅらさん』(01年前期)、『おひさま』(11年前期)に続いて3作目だ。

 『ひよっこ』は東京五輪が開催された1964年から始まる。最初の舞台は、茨城県北西部にある山あいの村で、主人公・谷田部みね子(有村)は当時高校3年生。みね子は、大家族の農家に生まれ、おっとり、のんびりした少女に育ち、特に大きな夢もなく、「高校を卒業したら畑仕事を手伝って、いつかお嫁さんに……」と思っていた。

 ところが、東京に出稼ぎに行った父が行方不明になり、父を探すために集団就職で上京、町工場で働くことに。しかし、会社は倒産し、行くあてがなくなったみね子は、父が常連となっていた洋食屋に拾われ懸命に働く。舞台を東京に移し、“ひよっこ”だったみね子が、さまざまな出会いと別れを経験しながら試練を乗り越え、見知らぬ都会にしっかりと根を張り、高度成長期を駆け抜けていく。『ひよっこ』は、そんな1人の少女の成長物語となるようだ。

 かつて、朝ドラでは、ほとんど演技経験がないのに、オーディションでいきなりヒロインに抜てきされるケースも少なくなかった。その結果、朝ドラ後は伸び悩んで、大成しなかったり、消えていった元ヒロインも多い。

 だが、近年その傾向も変わってきた。『まれ』(15年前期)の土屋太鳳、現在放送中の『とと姉ちゃん』の高畑充希、『べっぴんさん』の芳根、そして『ひよっこ』の有村は、いずれも朝ドラ経験者で、視聴者には“おなじみの顔”。前作『あさが来た』の波瑠は、“売れっ子”とはいえなかったが、脇役でキャリア10年の下積みがあった。NHKがヒロインの選考基準を、「コケそうにない女優」とするようになったのは明らかだろう。

 しかし、NHKがそうした基準を設けざるを得ない事情がありそうだ。近年の朝ドラの全話平均視聴率は、『あまちゃん』(13年前期/能年玲奈主演)以降、『ごちそうさん』(同後期/杏主演)、『花子とアン』、『マッサン』(14年後期/シャーロット・ケイト・フォックス&玉山鉄二主演)と4作連続で20%の大台を突破。『まれ』こそ、19.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)にとどまったが、『あさが来た』は23.5%で、今世紀の朝ドラで最高視聴率をマーク。『とと姉ちゃん』に至っては、初回から現在まで、20%を割ることはなく、『あさが来た』の記録をも抜き去りそうな勢いをみせている。この流れだと、NHKもこと朝ドラに関しては、“視聴率至上主義”となってしまうのも当然だろう。

 有村は『あまちゃん』で、主人公・天野アキ(能年)の母・春子(小泉今日子)の青年期役を演じ、その後、大ブレークを果たした。朝ドラファンの記憶にも鮮烈に残っているはずで、『べっぴんさん』をすっ飛ばして、早くも『ひよっこ』の放送が待ち遠しくなった視聴者も多いことだろう。そうなると、有村よりはるかに人気で劣る芳根がヒロインを務める『べっぴんさん』への興味がそがれる可能性も生じ、その視聴率が心配になってくるが……それも杞憂に終わってほしいものだ。
(森田英雄)

そのうち広瀬すずも抜てきするんでしょ?

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー