[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月12日号

「婦人公論」の家計特集でつるの剛士が自慢げに話す、「遊ぶ夫と倹約する妻」の旧態依然とした価値観

fujinkouron160712.jpg
「婦人公論」7月12日号(中央公論新社)

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「貯まる家計、ジリ貧家計」。その日暮らしのぐうたら人間には少々キツイ、不安煽りまくり企画です。特集冒頭から経済アナリストの森永卓郎が「今すぐ3年分の生活費を貯蓄せよ」と脅迫。なんでも「今年の後半、具体的には夏以降から物価が上がっていく」「いよいよ日本がインフレに向かっていく」とのこと。しかし3年分の生活費の貯蓄……そんなの天から札束が降ってこない限り無理。森永は「見栄さえ捨てれば、生活費は大幅に下げられます」と言います。バブル世代が仲間入りした現在の「婦人公論」読者層において、「見栄」はかなり重要なアイデンティティのような気がするのですが……。

<トピックス>
◎特集 貯まる家計、ジリ貧家計
◎つるの剛士 僕がどんなに遊んでも、わが家が安泰な理由
◎羽田圭介 芥川賞を取ってテレビに出ても、お金の使い方は変わりません

■“遊びほうけているオレ”の嫁賛美

 「見栄を捨てれば都心の住まいから郊外に引っ越すことや、今より小さい家に住み替えることができ、住居費は大きく抑えられます」「食費は下げようと思ったらいくらでも下げられます。レストランへ通う回数を減らし、単価の低い食材を選べばいいでしょう。料理の腕の見せどころですから、主婦の方こそ賢くやっていける余地があると思いますね」と、“見栄を捨てろ”を畳みかける森永。実際には「見栄」で都心に住んでいる人、外食している人が大半ではないでしょうが。節約が嫌なのは、それがすぐ女の手に委ねられ、その手腕こそが主婦の勲章のように言われることですよ。
 
 しかしやはり「家計を上手に切り盛りする妻」こそ至高というのが、一般的なよう。「つるの剛士 僕がどんなに遊んでも、わが家が安泰な理由」を読んでそのことを思い知らされました。世間では「イクメン」として知られるつるのが、子育て世代の家計事情について語るインタビューです。

 「趣味が多くて、モノをいっぱい買ってしまって」というつるのに代わり、家計を取り仕切っているのが奥様。この奥様がツワモノで「ついこの間、『今後のために』と、妻が通帳をすべて見せてくれました。(中略)通帳は4冊あって、日常の生活費用、子どもの学校や習い事用、妻が管理している僕の個人会社の運営用、それから貯金用。今のつるの家のお金事情がわかって、正直ホッとしましたね。うわっ、やっぱり奥さんはちゃんとやってくれている。もう頭が上がらないな、と(笑)」。さらに「普通、夫あてに続々とモノが届けば、奥さんは『こんなに買い物して!』と怒りますよね。でも、うちの妻は『また新しい趣味を始めたな』イコール『新しい仕事につなげるつもりだな』と発想する人なんです」。

つるの妻は5億円ぐらいへそくりしていいよ、私が許す

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  3. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  4. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  6. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  7. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  8. 『カウコン』意外な舞台裏
  9. 20~30代女性「あこがれていた歌姫」
  10. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  11. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  12. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  15. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  18. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 嵐・松本に「またAV女優」と幹部激怒!?

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告

海外ゴシップの人気記事

  1. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. クリス・ブラウンが世紀のボクシング対決
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー