[女性誌速攻レビュー]「婦人公論」7月12日号

「婦人公論」の家計特集でつるの剛士が自慢げに話す、「遊ぶ夫と倹約する妻」の旧態依然とした価値観

fujinkouron160712.jpg
「婦人公論」7月12日号(中央公論新社)

 今号の「婦人公論」(中央公論新社)、特集は「貯まる家計、ジリ貧家計」。その日暮らしのぐうたら人間には少々キツイ、不安煽りまくり企画です。特集冒頭から経済アナリストの森永卓郎が「今すぐ3年分の生活費を貯蓄せよ」と脅迫。なんでも「今年の後半、具体的には夏以降から物価が上がっていく」「いよいよ日本がインフレに向かっていく」とのこと。しかし3年分の生活費の貯蓄……そんなの天から札束が降ってこない限り無理。森永は「見栄さえ捨てれば、生活費は大幅に下げられます」と言います。バブル世代が仲間入りした現在の「婦人公論」読者層において、「見栄」はかなり重要なアイデンティティのような気がするのですが……。

<トピックス>
◎特集 貯まる家計、ジリ貧家計
◎つるの剛士 僕がどんなに遊んでも、わが家が安泰な理由
◎羽田圭介 芥川賞を取ってテレビに出ても、お金の使い方は変わりません

■“遊びほうけているオレ”の嫁賛美

 「見栄を捨てれば都心の住まいから郊外に引っ越すことや、今より小さい家に住み替えることができ、住居費は大きく抑えられます」「食費は下げようと思ったらいくらでも下げられます。レストランへ通う回数を減らし、単価の低い食材を選べばいいでしょう。料理の腕の見せどころですから、主婦の方こそ賢くやっていける余地があると思いますね」と、“見栄を捨てろ”を畳みかける森永。実際には「見栄」で都心に住んでいる人、外食している人が大半ではないでしょうが。節約が嫌なのは、それがすぐ女の手に委ねられ、その手腕こそが主婦の勲章のように言われることですよ。
 
 しかしやはり「家計を上手に切り盛りする妻」こそ至高というのが、一般的なよう。「つるの剛士 僕がどんなに遊んでも、わが家が安泰な理由」を読んでそのことを思い知らされました。世間では「イクメン」として知られるつるのが、子育て世代の家計事情について語るインタビューです。

 「趣味が多くて、モノをいっぱい買ってしまって」というつるのに代わり、家計を取り仕切っているのが奥様。この奥様がツワモノで「ついこの間、『今後のために』と、妻が通帳をすべて見せてくれました。(中略)通帳は4冊あって、日常の生活費用、子どもの学校や習い事用、妻が管理している僕の個人会社の運営用、それから貯金用。今のつるの家のお金事情がわかって、正直ホッとしましたね。うわっ、やっぱり奥さんはちゃんとやってくれている。もう頭が上がらないな、と(笑)」。さらに「普通、夫あてに続々とモノが届けば、奥さんは『こんなに買い物して!』と怒りますよね。でも、うちの妻は『また新しい趣味を始めたな』イコール『新しい仕事につなげるつもりだな』と発想する人なんです」。

つるの妻は5億円ぐらいへそくりしていいよ、私が許す

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  7. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  8. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  9. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  10. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  11. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  12. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  15. 煙たがられているゴリ押し若手女優
  16. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  19. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  20. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. 木村拓哉、“かつてのタブー”大解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー