【連載】おおしまりえの婚活スポットリアル調査9

バーで1人飲みしたら素敵な男性と出会えるか? 六本木の人気会員制バーに潜入

singlesbargreen1.JPG
飲食店が集まるビルの5階にある

 イイ感じのバーで1人飲みをしていると、イイ感じのメンズに出会える、という話を、複数の恋愛強者から聞いたことがあります。しかし、1人で飲みに行く習慣のない人からすると「どこの店へ行ったらええねん!」と、ツッコミたくなるのではないでしょうか? そんな女子に向けた素晴らしいお店が、六本木にあるというので今回はそちらに潜入してきました。バーで出会う……響きはステキですが、果たして結果はいかに。

■ギチギチの審査におじけづく

 今回お邪魔したのは、六本木にあるシングルズバー「GREEN」。真剣な出会いを目的とした会員制コンセプトバーで、最近流行っているのだそうです。お店は予約優先のため、早速平日木曜の8時半に「今から行きます」とお店に電話をしてみました……が、なんと満席! 入店をお断りされてしまいました。

 どんだけ人気なのでしょうか、このお店は……ということで後日、しっかり当日早めの時間に予約を入れて、お店へと向かいます。

 六本木交差点から徒歩数分のお店は、外からは婚活バーであることは全くわからず、なんだか1人で夜遊びしている気分になりドキドキしてきます。入店して予約名を告げると、イケメンスタッフからまずは身分証の提示が求められます……って、身分証? と思った方に、このバーのシステムをご説明します。

 こちらのバーは真剣な出会いを目的としている関係上、身分証を提示した会員登録が必須。免許証やパスポート等がない方は入店できません。また、無職や水商売関係者を排除するため、会員登録時には会社名の記入と名刺の提出も必要でした。正直「うわ、個人情報をこんなに求められるの、ちょっと大丈夫かな……」と、不安な気持ちになりました。気になる方は気をつけてくださいね。最後にメールアドレスを登録すると、会員登録作業は終了です。ちなみに、その後、変なメルマガや連絡が来るということはありませんでした。

 そこからお店のシステム説明へと移っていきます。まず女性はチャージ料1,000円なのですが、この金額はあくまでも、ひやかしやタダ飯目的防止のために設定しているようで、2時間お店に滞在すれば無料とのこと。言い換えれば、どんなに男性とのマッチングが微妙でも、2時間はお店から出られないという仕組みなのです。こちらもルールがガチガチですね。それを良しとするか面倒と判断するかはあなた次第です。

イケメンスタッフが気になる(笑)

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  7. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  16. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム