その他
いよいよ緊迫の状況に

清原が明かした、薬物疑惑の「大物俳優X」――民放連ドラ出演決定も「NHKは出禁に」!?

160629chusha.jpg
Photo by Urban Seed Education from Flickr

 かねてから薬物疑惑がささやかれる“大物俳優X”について、新たな動向が伝わってきた。「超が付くほどの大物芸能人」「大河ドラマや『紅白歌合戦』に出演」など、断片的な情報から華々しい経歴も垣間見えるXだが、つい最近になってNHKは「当面の間は出禁」という方針をとることがわかったという。

 Xの名前が浮上したきっかけは、今年2月に逮捕された清原和博の事情聴取とされる。警察の取り調べに対して、清原は「薬物を使用している可能性がある芸能人」としてXの名前を出し、また面識もあったことを自供したというのだ。

「5月になると、この情報を元に、一部週刊誌でXに関する記事が出ました。老若男女、彼の顔と名前を知らない者はいないというほどの有名人で、今年だけでも嵐やSMAPなど第一線のタレントと共演している。また、今後放送がスタートする民放の連続ドラマの出演も決定しています」(スポーツ紙記者)

 こうしたXに関する情報は、各メディアもこぞって後追いしている状況だが、一方でXを起用する側のテレビ局も、慎重な姿勢をみせるようになっているという。

「すでに警察も、Xに関する薬物使用の証拠を押さえているという話もあり、NHKは早々に“要注意認定”を行ったそうです。NHKの番組に数多く出演した大物のXですが、今後は大河や朝ドラなど、長期放送に及ぶ番組への出演は、一切できなくなるでしょうね」(テレビ局関係者)

 テレビ局によるタレントの“出禁処分”は珍しくない話だが、こうした不祥事絡みのオファー自粛に関しては、ごく内々に話が進んでいくもののようだ。

「以前、ある有名アーティストの脱税が取り沙汰された際も、薬物使用疑惑と相まって、一部キー局が『長期起用は禁止』との方針を内々に決めたことがありました。単発ゲストやVTR出演など、完全に出演NGというわけではありませんが、後々問題になりそうなオファーは全て見送ることとなったんです。特にNHKは、こうしたトラブルに関するアンテナが敏感なため、すでに“ヤク中”であることは確実視されているXに、早々に見切りをつけたのでしょう」(同)

 先日逮捕された高知東生の妻・高島礼子は、出演予定だったドラマ主演を、降板するか否かの瀬戸際に立たされている。薬物逮捕は本人だけでなく身内でさえ、出演が危うくなるケースもあるだけに、Xへのオファーに局サイドが難色を示すようになるのは当然の流れだろう。今後もXの動向には注目が集まることとなりそうだ。

好感度抜群な分、まったくシャブやってる姿が想像できず

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. “消えたAKB48”河西智美は今
  6. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  7. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  18. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  19. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!