【うわさの会見場から】

平野レミ、“嫁・上野樹里トーク”に関係者ピリピリ!? 「事務所からクレーム入る可能性も」

1606remi.jpg
『平野レミと明日香の嫁姑ごはん物語』(セブン&アイ出版)

 5月26日に交際半年でゴールインしたTRICERATOPS・和田唱と上野樹里。その和田の母親である料理愛好家・平野レミが23日、出席したイベントで上野についてのコメントを連発してマスコミを沸かせていたが、姑の“暴走”をただ見守る関係者の顔はかなり渋かったようだ。

「この日は、2人の結婚以降初めて平野が囲み取材に応じるとあって、大勢のマスコミが駆けつけました。場の熱気を平野も見て取ったのか、バーベキューのイベントにちなんで、自身が考案したフライパンと鍋機能を併せ持つ『レミパン』をアピール。『バーベキューにもレミパンがあるといいんですよ! 温度も保てるし。そうすればレミパンも売れるし肉も売れる』と話し始め、その後何度も『レミパン』という言葉を入れ込んでトークを繰り広げました」(ワイドショースタッフ)

 そして囲み取材が始まると、平野は報道陣に聞かれるまま、次々と上野について話し始めたのだという。

「上野について第一声が『目がでっかくて、態度もでっかいですよ!』だったため、聞いた記者の方が“そんなに言って大丈夫?”と引いていました。その空気を察知したのか、平野は『とってもいいですよ。明るくて。元気でよくしゃべる』とフォローを入れていましたが……。さらに上野の料理の腕前は『私のレシピをアレンジする才能を持っている。なかなかやる』と認めてはいるようでしたが、肉の焼き方については『レアだったりすると、『私はもっと焼いたのがいい』とかいろんなことを言って、うっせぇなと……(笑)』。とにかく求められるままに、次々と上野の話をしていましたね」(同)

 こうして、翌日の新聞や情報番組は「平野レミが語る上野樹里」の話題で一色となった。

「しかし、会見場でこの様子を見ていた平野の関係者は、明らかに顔をしかめていました。いくら嫁になったとはいえ、プライベートの話題を嫌う傾向の強い事務所に所属している上野だけに、こうした放言が続けば、何らかのクレームが入ってもおかしくない。イケイケの平野本人とは裏腹に、関係者のピリピリムードは強まる一方でした」(ワイドショースタッフ)

 来年には70歳になる平野だが、周囲をハラハラさせても、本人は気にも留めないというスタイルを貫くようだ。今後も平野の嫁姑話が聞けることに期待したい。

空気が読めるレミなんて、全然魅力なくなるから!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  3. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  4. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  5. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  6. 『カウコン』意外な舞台裏
  7. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  8. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  9. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  10. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  11. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  12. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 婚約中の浮気も不倫と同じ?
  15. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  16. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  17. 新春ジャニオタ放談
  18. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  19. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  20. 芦田愛菜、テレ東深夜転落

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 新春ジャニオタ放談
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 性暴力に遭った女性は繰り返し遭う
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー