芸能ニュース、ジャニーズ、嵐の最新情報やタブーを配信するサイゾーウーマン

1606remi.jpg
『平野レミと明日香の嫁姑ごはん物語』(セブン&アイ出版)

 5月26日に交際半年でゴールインしたTRICERATOPS・和田唱と上野樹里。その和田の母親である料理愛好家・平野レミが23日、出席したイベントで上野についてのコメントを連発してマスコミを沸かせていたが、姑の“暴走”をただ見守る関係者の顔はかなり渋かったようだ。

「この日は、2人の結婚以降初めて平野が囲み取材に応じるとあって、大勢のマスコミが駆けつけました。場の熱気を平野も見て取ったのか、バーベキューのイベントにちなんで、自身が考案したフライパンと鍋機能を併せ持つ『レミパン』をアピール。『バーベキューにもレミパンがあるといいんですよ! 温度も保てるし。そうすればレミパンも売れるし肉も売れる』と話し始め、その後何度も『レミパン』という言葉を入れ込んでトークを繰り広げました」(ワイドショースタッフ)

 そして囲み取材が始まると、平野は報道陣に聞かれるまま、次々と上野について話し始めたのだという。

「上野について第一声が『目がでっかくて、態度もでっかいですよ!』だったため、聞いた記者の方が“そんなに言って大丈夫?”と引いていました。その空気を察知したのか、平野は『とってもいいですよ。明るくて。元気でよくしゃべる』とフォローを入れていましたが……。さらに上野の料理の腕前は『私のレシピをアレンジする才能を持っている。なかなかやる』と認めてはいるようでしたが、肉の焼き方については『レアだったりすると、『私はもっと焼いたのがいい』とかいろんなことを言って、うっせぇなと……(笑)』。とにかく求められるままに、次々と上野の話をしていましたね」(同)

 こうして、翌日の新聞や情報番組は「平野レミが語る上野樹里」の話題で一色となった。

「しかし、会見場でこの様子を見ていた平野の関係者は、明らかに顔をしかめていました。いくら嫁になったとはいえ、プライベートの話題を嫌う傾向の強い事務所に所属している上野だけに、こうした放言が続けば、何らかのクレームが入ってもおかしくない。イケイケの平野本人とは裏腹に、関係者のピリピリムードは強まる一方でした」(ワイドショースタッフ)

 来年には70歳になる平野だが、周囲をハラハラさせても、本人は気にも留めないというスタイルを貫くようだ。今後も平野の嫁姑話が聞けることに期待したい。

『平野レミと明日香の嫁姑ごはん物語』 空気が読めるレミなんて、全然魅力なくなるから! amazon_associate_logo.jpg
オンナの[裏]掲示板 新着コメント
    関連リンク

    サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!