『痴女の誕生』著者・安田理央氏インタビュー

「痴女AVは男と女で作り上げた」――男性向け/女性向けに分断された、エロのこれから

yasudario.jpg
安田理央氏

 女性誌でのセックス特集、そして女性向けAVが登場してだいぶ久しい。この2つのコンテンツは、「セックスにおける願望や欲望は男女でまったく異なる」という認識を加速させてきた感がある。この、セックスで男女はわかり合えないという構図を、我々は素直に受け止めていいものなのか。

 ライターであり、アダルトメディア研究家の安田理央氏は「アダルトメディアにおける“痴女”というジャンルは、男女が一緒になって作った」と語る。安田氏は先日、『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』(太田出版)を刊行。「美少女」「熟女・人妻」「素人」「痴女」「ニューハーフ・男の娘(女装)」という5つの属性を軸に、AVのみならず、エロ本や風俗といったアダルト分野全般にわたって、その歴史や全貌を紐解いている。今回は安田氏に、AV業界の現状や、「痴女」の誕生、AVやセックスをめぐる男と女、そしてその変化について聞いた。

■よりハードなプレイを求められる女優たち――AV業界の今

――まずはじめに、最近はどんなAVのジャンルがブームなのでしょうか? 

安田理央氏(以下、安田) 実はここ数年は、人気がかなり分散していてハッキリとした流行やブームがないんです。好みがとても多様化している中で、みんな、たくさんの種類から自分の好きなジャンルを見つけているという現状でしょう。よく、「不況になると巨乳がはやる」なんて言われますが、実はそうではなくて、巨乳を持つ良い女優さんがたくさん出てくれば巨乳ブームになるとも言えます。ブームは、その時々の女優ありきという面もあるんです。AV女優側はというと、よりハードでさまざまなプレイが求められるようになってきましたね。

――たくさんのAV女優が活躍されているので、競争が激しくなっているのかもしれません。

安田 現在、AVへの出演を強要したプロダクションが問題になっていますが、自らAV出演に応募してくる女性もすごく多いことは事実です。今は、SNSのフォロワー数や作品の売り上げなど、数値化された人気度が重要視されています。AV女優は基本的に顔バレを避けるために、地上波やBS、週刊誌、ネットなどさまざまなメディアにおける露出(パブ)規制をしているのですが、SNSのフォロワー数という可視化された人気を上げるために、徐々に露出媒体の幅を広げていくんです。お金のためというより、人気のため。良いのか悪いのか、自然と女優のモチベーションをアップするようなシステムになってしまっている。「ファンのために」と常々言っているAV女優さんは多く、本当にアイドルと同じ感じなんですよね。

男女関係なく、AVファンはいる!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  7. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  8. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  13. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  16. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  20. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  5. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと